居ても立ってもいられずに上高地!

2017年5月20日
二輪草情報を集めているうちに
どうでも二輪草に会いたくなって
日帰りで上高地に行ってきた


2017052001.jpg        2017052002.jpg        2017052003.jpg

天気は快晴、ドピーカン!
風も無く大正池の面は
静かに山を映していた


2017052004.jpg        2017052005.jpg        2017052006.jpg

シンボルの枯木立や新緑の森などの
命の目覚めを、その水面(みなも)に映している
今だ山腹に雪を纏う焼岳も
その雄姿を水面に映している


2017052007.jpg          2017052008.jpg          2017052009.jpg

草の葉に夜露は宿り
日の光がきらめきを放つ
命終えた木立が天を突き
大地には新しい命が芽生えてきてる


2017052010.jpg         2017052011.jpg        2017052012.jpg

近くの森では、お猿さんが集団で
朝ごはんの真最中
人に怯えることも無く
一生懸命食べている


  2017052013.jpg          2017052014.jpg        2017052015.jpg

春の小川はサラサラいかねばならんのだが        
ここではかなりの水勢でドボドボと音をたてている
水溜りに映る穂高が懐かしい


2017052016.jpg          2017052017.jpg          2017052018.jpg

清流梓川の流れは今日も清い
川底の石のひとつひとつまで数えられる
槍・穂高の雪解けを集めて上高地を下り
焼岳に見送られて安曇野へ流れゆく


2017052019.jpg          2017052020.jpg          2017052021.jpg

清い梓川の向こう岸に並ぶ
新緑を纏った化粧柳の森
そしてその背後に立つ
残雪の穂高の屏風
白樺の新芽が太陽で輝く
これこそが上高地の春だ


2017052022.jpg          2017052023.jpg          2017052024.jpg

今シーズン初めての上高地である        
河童橋を川の下と上から各々撮影
意外と人が少なかった。
しかし、やっぱりここが中心ですね


2017052025.jpg        2017052026.jpg        2017052027.jpg

古池手前の斜面である
お目当ての二輪草は好い感じである
川側は、正に満開である
小川と道の間は好い感じである


2017052028.jpg        2017052029.jpg        2017052030.jpg

本命の山側の斜面も見頃である
一面の群落
お猿さんものんびりお食事中
と、ここまでは好かったが・・・・・


2017052031.jpg        2017052032.jpg        2017052033.jpg

その数の多いこと
多くの猿が二輪草の花を食べている
まあ、野生のことなので文句は付けられないが
もう少しおとなしく食事してくれないかと思う
あっちこっちへ移動しながらむしりとるは
小猿は花の中でジャレまくるはで大騒ぎである
おかげで花畑の中に獣道ができるは
下手糞なミステリーサークルが出来るは
さんざんである


2017052034.jpg          2017052035.jpg          2017052036.jpg

そんなこんなで古池を過ぎ
徳澤まで脚をのばす
テント場も静かであった
徳澤園の二輪草はまだ早かった
水場で持ってきたパンを頬張る
峰桜が頑張って花を付けていた


2017052037.jpg        2017052038.jpg        2017052039.jpg


2017052040.jpg        2017052041.jpg        2017052042.jpg

帰り道、緑二輪草の発見に努める        
おかげで数パターンの模様を確認した
真緑のもの、花弁の根元が緑色したもの
5花弁のうち2枚の緑の符があるもの
色の濃い薄いとかを確認した


  2017052043.jpg          2017052044.jpg          2017052045.jpg

久しぶりに狸沢で流し撮り
按配好く沢が日陰になってくれ
水量もそこそこあって好い条件である
しかし、まだ、苔の新芽が出ていないのと
周囲に草が育ってないのが残念だが・・・


なにはともあれ、天気に恵まれ
花に恵まれたトレッキングであった
 

スポンサーサイト

初夏の陽気に誘われて

2017年5月8日
初夏の一日
飛騨の山奥まで出かけた
一万尺の峰は
激しい黄砂の向こうで
ぼんやり寝むた気だ


20170508_01.jpg          20170508_02.jpg          20170508_03.jpg

左御岳、右乗鞍
ここは鈴蘭高原の展望所
黄砂のため白ぼけて写る


20170508_04.jpg        20170508_05.jpg        20170508_06.jpg

桜の咲く道を下り
美女高原に走る


20170508_07.jpg          20170508_08.jpg          20170508_09.jpg

美女平の池では
のんびり釣りを楽しむ人が。
池の傍らの水芭蕉はほぼ終わっていた
苞炎が開いてしまって
取れるのを待つばかりである


  20170508_10.jpg          20170508_11.jpg          20170508_12.jpg

タラの芽とコゴミ
タラの芽はまだ小さかった
そこそこの物は2・3ヶ頂いた
コゴミはいっぱい出ていた
エイリアンもかくやと思わせる
模様で大量に芽を出していた

美味しかったです


明けて5月9日
愛知県犬山市の
なんじゃもんじゃの木を見にいった


20170509_13.jpg        20170509_14.jpg        20170509_15.jpg

国の天然記念物に指定されているため
けっこう見学者も多い
しかしながら今年はまだ早い
白い細かな花が木全体を覆い
まるで雪が枝に積もった様に見える
正式名称は「ヒトツバタゴ」という
希少種ではないが、その大きさが
圧巻である


20170509_16.jpg          20170509_17.jpg          20170509_18.jpg

どうでしょうか?
枝葉の雪が乗っているように見えますか
満開になった時、ちょっと離れて見ると
雪を被っているように見えます


20170509_19.jpg          20170509_20.jpg          20170509_21.jpg

左の写真がヒトツバタゴの花です

七夕祭展示会 by 七夕の国

これは記録です。
七夕の国というグループが開催した
趣味の展示会を記録したものです


                     1704_01.jpg

2017年4月25日~5月1日までの期間
横浜市にある「大倉山記念館ギャラリー」に於いて
七夕祭と称する展示会が開催されました


1704_03.jpg        1704_02.jpg

受付の様子です
重厚な歴史的建物を入り
奥へ進むと会場の受付です


1704_04.jpg        1704_05.jpg        1704_06.jpg

回廊型ギャラリーになっています
右回りになっています


先ずはハンナさん、ゆいさんの
フラワーデコと生け花が出迎えます


1704_07.jpg        1704_08.jpg

続いてミルクさんのフェルトのお人形
ジャッキーさんの絵手紙と続きます
通路を挟んで反対側の窓辺には
艶やかな日本人形が並びます


1704_10.jpg        1704_11.jpg        1704_12.jpg

小さいながら精巧にできてます
なおもジャッキーさんの手作りワンピースと手提げ
古い浴衣をリメイクしてあるそうです


1704_13.jpg        1704_14.jpg        1704_15.jpg

奥の壁には写真、絵画が並びます
福ちゃんのオーロラに酔い
とら次郎さんのネイチャーフォトに目を張り
大倭人さんの風景に癒され
歩を進めます


1704_16b.jpg        1704_16c.jpg        1704_17.jpg


そして、桃子さんの前衛的モノクロ写真
マルトさんの幻想的アクリル画と続きます

 
1704_18.jpg        1704_18b.jpg        1704_18c.jpg

そして、正統派油彩の絵の世界です
ミルキーさん筆なる独特の世界です
筆使い、色使いに酔いしれます


1704_19.jpg  1704_19b.jpg  1704_19c.jpg  1704_19d.jpg


オーロラ淳子さんの世界です
美しい花の写真、壁飾り、
ペンダント、そしてフラワーアレンジメントと
多才ぶりを発揮しています


1704_20.jpg        1704_21b.jpg

キョンキョンさんのコーナーでは
リースあり、陶芸あり、絵画あり、生け花あり、ブローチまでありと
その多才ぶりには脱帽状態です
オーロラきょうこさんも
ネックレス、ペンダント、おしゃれなバッグなど
なかなかハイセンスな品が並べられています


1704_22.jpg        1704_24.jpg        1704_25.jpg

やっと男性作家のコーナーです
ニックさんは世界の風景を描いています
パリが大好きとか

ハーリーさんの都都逸はユーモアに溢れ
次の集会で三味線にのせて吟じようと
思案されてるようです

かおなしさんの風刺画は強烈です
今時の二人を面白く描いています


1704_23.jpg        1704_23b.jpg        1704_23c.jpg

さえこさんの服飾の世界です
スカートと手提げです
上品なセンスが光ります


                     1704_26.jpg

そして、大取りはたまちゃんです
七夕のメンバー紹介と一年の活動記録です

いろいろな個性が集い
楽しい展示会でした





地元、小幡の里の桜は終焉

2017年4月16日
陽気に誘われてカメラ持って
ふらふらと地元を撮影
道には桜の花びらが・・・・


IMGP4941.jpg

折から名古屋市は
市長選挙の真っ最中
ポスターも桜の下で
公約を叫んでいる


IMGP4945.jpg        IMGP4947.jpg

水も温み陽射しも強い
シデコブシの花のしたの
水溜りにめだかが群れていた
懐かしかったなあ
何十年かぶりにめだかを見た
ここは自然保護地区である


IMGP4952.jpg        IMGP4956.jpg

ハルリンドウが咲いていた
リンドウ系の花は大好きである
リンドウを見ると得した気になるのは
何でだろう?
タンポポもいっぱい咲いていた
多分、和タンポポだと思う
これも懐かしい花である


IMGP4957.jpg        IMGP4961.jpg        IMGP4962.jpg

緑が池の堰堤の上の桜並木が
綺麗であった
その桜と池を挟んで反対側の岸にある
豆梨の木が花盛りであった
東海地区の固有種であるとか


IMGP4966.jpg        IMGP4970.jpg

見上げれば新緑が目に優しい
桜が終わればじきに新緑の季節になる
心躍る季節の到来である


IMGP4987.jpg        IMGP4996.jpg

池を一周して桜の堰堤にきた
池の向こうの浮御堂と岸の花
浮御堂の右に桜、左に豆梨
白い花が華麗です


IMGP5003.jpg        IMGP5005.jpg

ミツバツツジだと思うけど
紫のツツジが清々しい
この花を見ると初夏の訪れを感じる


IMGP4983.jpg        IMGP5009_201704170004035ca.jpg

丘の上の弘法大師像も
春の陽気の中で笑っておられる
みんな陽気に誘われて外に出てきている
春は楽しいねえ!

まだ早かった信濃の桜

2017年4月12~13日で
南信中川村と中信松本へ
桜撮影に行ってきた
しかし、ソメイヨシノはまだ早かった


IMGP4841.jpg        IMGP4844.jpg        IMGP4847.jpg

大きな彼岸桜です
場所は中川村大草城址公園です
中央アルプスを望む絶好の展望台です
彼岸桜は満開近しと言うところ


IMGP4863.jpg        IMGP4857.jpg        IMGP4872.jpg

高曇りながら中央アルプスが望めた
彼岸桜とアルプスのツーショット
空木・南駒辺りであろう


IMGP4877.jpg          IMGP4879.jpg

茅葺屋根の民家とアルプス
中々のシチュエーション
話によると民家の前に
桜があるとか・・・


いきなり松本城に移ります

IMGP4908.jpg        IMGP4913.jpg

ほとんど絵葉書状態
安曇野・松本平付近では
咲いているのは松本城くらい
他はつぼみ状態だった


  IMGP4915.jpg          IMGP4920.jpg        IMGP4932_20170417000245694.jpg

枝垂れ桜とソメイヨシノをあしらってみた
うん、絵葉書にすれば最高!
常念が笑っていた

プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR