FC2ブログ

雪解けの故郷

2013年3月20日 春分の日
名古屋では既に桜の開花が発表され
春本番を迎えようとしている頃
我が白川郷では雪解けの真っ最中であった
汚れ雪の下から去年の刈り取りの跡が現れ
木々の根元にはポッカリと雪の輪ができていた

IMGP8660_convert_20130323010541.jpg          IMGP8809_convert_20130323011741.jpg



でも郷は徐々に雪の衣を脱ごうとしているが


IMGP8722_convert_20130323011157.jpg          IMGP8791_convert_20130323011632.jpg


まだまだ雪の下で寝ている様な段々畑
そして、くたびれた雪を纏った田んぼなど
冬と春がごちゃまぜである


IMGP8699_convert_20130323011028.jpg          IMGP8672_convert_20130323010752.jpg


しかし、季節は確実に春に向かっている
それが証拠に、水の流れる音が賑やかになってきていた


IMGP8685_convert_20130323010909.jpg          IMGP8755_convert_20130323011508.jpg


山の手では沢の小川が
雪のトンネルを作って遊んでいた


IMGP8839_convert_20130323012019.jpg          IMGP8823_convert_20130323011902.jpg

いささか天気が良くなかったし
村の周りの山の杉の木が
春風に身震いをして花粉を撒き散らしてくれた
帰り道、花粉症が悪化して散々であった






















スポンサーサイト



富士山

2/23・24、写真クラブ「写人・撮るだ!」の撮影新年会があった
場所は富士山の麓、山中湖
ダイヤモンド富士と赤富士を狙うという
ちょっと虫の好い企画であった

お昼頃に忍野に着いて、軽く撮影


IMGP8526_convert_20130302223605.jpg          IMGP8530_convert_20130302223749.jpg

定番の農村風景と水車小屋である。
かれこれ20年ぶりくらいの忍野であった。

この後、宿に入って、一服した後
ダイヤモンドを写すべく、ポイントへ向かった
そこでは、既に多くのマニア達が富士に向かってカメラを構えていた
我々もセットして、白鳥と遊びながら、その時を待つ


IMGP8543_convert_20130302224023.jpg          IMGP8537_convert_20130302223902.jpg


しかし、無情にも、雲に邪魔されて、ダイヤモンドは写せなかった
残念であった。

翌日は朝から快晴
朝飯前に忍野へ朝の風景を撮りに出かけた
夜明け前の農村、ほんのり色づく富士


IMGP8555_convert_20130302224137.jpg          IMGP8576_convert_20130302224319.jpg


山頂に雲が掛かっているのが悔しい・・・・


IMGP8593_convert_20130302224444.jpg          IMGP8601_convert_20130302224603.jpg

そして夜は明けた。

IMGP8608_convert_20130302224725.jpg          IMGP8613_convert_20130302224853.jpg

朝食後、仲間の案内でパノラマ台まで行く
とっても美しい景色であった。
来年の年賀状はこれだな、というような景色である


IMGP8619_convert_20130302225011.jpg          IMGP8624_convert_20130302225132.jpg


たまに行って、良いのが撮れる訳もないし、
まあ、富士山がスッキリと見えただけでも良かったと
一同納得して別れたのだった。




















プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR