FC2ブログ

五箇山 相倉集落

5月25日

越中五箇山の相倉集落に行ってきました

IMGP9872_convert_20130527232623.jpg          IMGP9906_convert_20130527233005.jpg


先ずは駐車場から1ショット 

そして展望台から村を見下ろして

続いて残雪の人形山を望む



             IMGP9916_convert_20130527233124.jpg


村内を歩いて花を愛でる

名前がわかりません!!!


IMGP9880_convert_20130527232741.jpg          IMGP9884_convert_20130527232854.jpg


いろいろな花が今を盛りに咲き誇る


IMGP9928_convert_20130527233245.jpg          IMGP9939_convert_20130527233405.jpg


夕暮れ時、白川郷に移動

黄昏の村を展望台から撮影する

眼下の田圃に水が入り、

水鏡に映る和田家の風情に癒される気がするのです。

そして、村に夜の帳が音もなく降りて

今日という一幕が終わるのです


IMGP9946_convert_20130527233823.jpg          IMGP9966_convert_20130527233941.jpg


城山から下って

和田家の障子の灯りを撮す

辺りは夜の静寂に包まれ

障子にともる灯りだけが

心に温もりを与えていてくれた


            IMGP9971_convert_20130527234042.jpg

充実感と癒しのある一日でした
スポンサーサイト



2013・GW IN 涸沢

2013年5月3日から5日の2泊で涸沢に行ってきました
昨年は写真展の関係で行けなかったが
今年は天気も上々との予報で、迷わずGOしました

一日目
朝5時前、春とは思えない上高地から始まりました


DSCN2516_convert_20130506174349.jpg          DSCN2518_convert_20130506174504.jpg


焼岳は朝焼けし、水溜りには氷が・・・・
冷たい風、氷点下の空気
冬山の入口に立った思いでした

そう言えば、巷は端午の節句。
横尾の橋に結ばれた鯉のぼりが祝福してくれているようです。

              DSCN2523_convert_20130506174556.jpg

さあ、ここからが山登りの始まり
所々凍りつく森の中の道を
すべらないように慎重に歩いて行きます。

一汗かいた頃、行く手が開けて
本谷橋辺りに着きました。
正面には北穂高、左手には屏風の壁
アルプスに来た実感が湧いてきます。


IMGP9632_convert_20130506174741.jpg          IMGP9634_convert_20130506174904.jpg 
         


一休みした後、いよいよ雪の世界へ入っていきます
ヒイヒイ言いながら急登を登ります
(注、ほんとにしんどいよ。運動不足のおじさんには・・・)
天気が良かったので、北穂と語らいながら、いよいよ涸沢に
手前の盛り上がりの先が涸沢です


IMGP9657_convert_20130506175037.jpg          IMGP9659_convert_20130506175213.jpg


この後、涸沢小屋に着いて、この日は終わりました

二日目(5/4)
寝すぎて、夜明けに間に合わず
それでも、カメラ担いで、小屋の前で北尾根の影と、
屏風の頭から昇る朝日を撮影しました


IMGP9663_convert_20130506175344.jpg          IMGP9666_convert_20130506175526.jpg


ダイヤモンド屏風と言う言葉を流布させましょう

朝食後、北穂沢を少うし登ってカメラをセットしました
岩場や稜線に逞しく生きる岳樺を撮影
風雪に耐え、実に逞しいと思います


IMGP9697_convert_20130506175714.jpg         IMGP9717_convert_20130506175835.jpg 


そんな岳樺と語らっていて、ふと振り返ったら 
なんと、屏風に上にUFOの様な雲が・・・        
どんどん姿を変えてゆく中の一枚です。


IMGP9730_convert_20130506175958.jpg          IMGP9760_convert_20130506180143.jpg

雲が段々になっているのが分かりますか?
なんて言っているうちに曇ってきて
雪まで降り出してしまいました。
2日目の撮影は午前中で終わってしまいました
午後からは、小屋の売店で、山好き同士の語らいです
神奈川のIさん、大阪のSさん楽しかったですよ
九州N大学のWF部の若人よ
未来は君たちに任せたぞ。
なんちゃってね

3日目(5/5)
昨日の午後とは打って変わって
ドピーカンの朝となりました
昨日の失敗を取り戻すべく
4時に起きだして、テント場へ出向きました

夜明け前のブルーな世界
そして、そのうち、山肌はピンクに染まります


            IMGP9775_convert_20130506180501.jpg



IMGP9817_convert_20130506180657.jpg          IMGP9820_convert_20130506180815.jpg


見とれているうちに山は白くなってゆきます
夜明けのドラマは終わり、朝になってゆきました

            IMGP9847_convert_20130506180942.jpg


一段落すると、空腹感が襲ってきました
急いで小屋に戻り、朝飯をかきこみました
モーニングコーヒーのあと、小屋をあとにしました
降り注ぐ陽光、眩しい雪面をひたすら下る
涸沢の入口で振り返れば
岳樺の向こうで穂高が手を振っていてくれた


IMGP9864_convert_20130506200933.jpg         IMGP9865_convert_20130506181057.jpg

神奈川のIさん、大阪のSさん、そしてN大学WF部の若者、
楽しい時間をありがとうございました
涸沢小屋のスタッフのみなさん、お世話になりました


ダバダのおじさんでした。

北アルプス 開山祭

2013年4月27日 
上高地にて開山祭が催された
ところが、この日は朝から猛吹雪
急遽、バスターミナルで行われた

DSCN2465_convert_20130501221845.jpg          DSCN2474_convert_20130501222323.jpg


100年に一度の吹雪の山開きとなった
辺り一面真っ白で、寒さに震えながら
焼きそばや豚まん等を食べていた


DSCN2467_convert_20130501221958.jpg          DSCN2469_convert_20130501222209.jpg


森の笹っぱも吹雪に揺さぶられ
道行く人も背を丸めて歩いていた


DSCN2482_convert_20130501222634.jpg          DSCN2479_convert_20130501222522.jpg


それでも夕方からは晴れてきた
明日の青天が期待された


翌28日は穂高の稜線は見えなかったが
それ以外はすっきりとした晴天であった
朝飯前のひと勝負
カメラを担いでホテルを出た

IMGP9512_convert_20130501223040.jpg          IMGP9553_convert_20130501223209.jpg


小さな流れに映る焼岳や
化粧柳の樹上に聳える霞沢岳との
対話を楽しんだ


IMGP9616_convert_20130501223740.jpg          IMGP9618_convert_20130501223847.jpg


朝食をとり、みんなで河童橋へ出向く
すっかり雲もとれて、ピーカン状態だった
橋の袂で記念撮影をして散会したのだった
プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR