FC2ブログ

北八ヶ岳

2016年6月18日 晴れ
夜行日帰りで北八ヶ岳に遊んだ
深夜、麦草峠の駐車場にて仮眠
朝5時に起床
身支度を整え、6時に出発
目指すは縞枯山

IMGP0096.jpg            IMGP0087.jpg        IMGP0083.jpg

先ずは手前の茶臼山へ
7:30 展望台に着く
茶臼山の展望台にて撮影
八ヶ岳南部の山並みが見える
阿弥陀岳、赤岳・・・・・網笠山
名座が並んで手を振る

IMGP0105.jpg        IMGP0093.jpg        IMGP0116.jpg
        
霞の中に見えるは甲斐駒に北岳だ
北を見れば北横岳に蓼科山だあ
手前に広がる斜面は縞枯山の裾である
その裾の向こうに広がる原っぱ
霧が峰・白樺湖方面である
そのまた奥に残雪の槍・穂高が鎮座している

IMGP0124.jpg        IMGP0140.jpg        IMGP0154_201606192033322a4.jpg

茶臼山の山頂は見晴らしがないので
8:00に出発して縞枯山を目指す
いきなり急降下して登り返す
最低鞍部は枯木帯であった
45分後、縞枯の展望台に着いた
直線距離ではたいしたことのない距離だが
山の見え方は随分変わる

IMGP0166_20160619203338e2f.jpg        IMGP0163.jpg

縞枯山の山頂は枯木に被われている
展望台から約20分の平坦な道
9:40 縞枯山着
ここも展望はない
ここで腹ごしらえ
10:25 山頂出発
雨池を目指して急降下
1時間の急降下と30分の林道歩きの末
雨池に11:25到着


IMGP0173.jpg        IMGP0182_20160619203422b62.jpg        IMGP0187.jpg

広々とした湖面は細波に揺れていた
新緑が眩しく、美しい
普段はもう少し水があると思われる
時折、梢を鳴らす風が心地よい
この後、11:50に池を発ち
90分かけて麦草峠まで戻った
終わりの40分が辛かった
予想外の登りであった

次に白駒池に向かう。車でほんの数分
駐車代500円也を払って駐車
なんだかどこかの神社に詣でるような
そんな雰囲気の道を上がってゆく
苔が美しいという観光スポットだ

IMGP0204.jpg        IMGP0206.jpg        IMGP0215.jpg

ちょっとコントラストが強くて撮りづらい
何とかそれらしく静かな雰囲気を
出したつもりだが、どうかな?

IMGP0231.jpg        IMGP0242.jpg

池の周回道を白駒山荘側にコースをとる
山荘を過ぎた山の斜面が一面
苔に覆われていて圧巻であった
確かに綺麗な原始林である
日が影っていたら絶好の場所である

IMGP0225.jpg        IMGP0227.jpg

池を一周してみたが
山荘の辺りが一番景色がよい
苔の森も白駒の池もである
次回は真っ先にそこを目指して
訪れることにしようと心に決めた

16:30くらいに車に戻り、帰路についた
途中国道沿いで好いポイントを発見
砂利敷きの農道に止めて撮影
茅野市北山辺り

IMGP0250.jpg        IMGP0252.jpg        IMGP0260_2016061920380625f.jpg

八ヶ岳の山並みが一望である
田園風景を前にして写すのが好いかも
阿弥陀岳・赤岳が立派である
横岳・縞枯、そして蓼科山

赤岳の山頂部から月が昇った

IMGP0257.jpg        IMGP0262.jpg        IMGP0266.jpg

赤岳からの月の出に出会えて
興奮が冷めぬまま家路についた
スポンサーサイト



故郷 田植え祭り

2016年5月29日・30日
上高地に続き白川郷へ飛んだ
田植え祭りの撮影である

IMGP09825.jpg            IMGP09837.jpg

村内の田圃はあらかた田植えは済んでいた
幼苗が水田に並んだ光景は
いかにも日本の初夏の風物である
ましてや、バックに茅葺民家があれば
ディス イズ ジャパン イン アーリーサマー!
(This is Japan in Aerly Summer!)

IMGP19813.jpg        IMGP19820.jpg

明日の田植え祭りの会場は
和田家の北側の田圃である
田植え前の様子

IMGP29795.jpg        IMGP29796.jpg

きれいな更地ならぬ更田である
水も張って準備万端である

そして30日。祭り当日である

IMGP39844.jpg        IMGP39850.jpg

先ず田圃の淵は男衆によって
縦に苗が植えられる
稲刈り機で刈り取れるようにするためだ

IMGP49863.jpg        IMGP49866.jpg

さあ、早乙女衆の入場、整列である
今年は若い女子衆で構成されている
いつもは結構年配の方がいらしたもんだが
今年は頑張って若い娘さんをひっぱてきたとか

IMGP59842.jpg        IMGP59871.jpg

苗床で育てた幼猫を腰の籠に
入れてもらい田圃に入ってゆく

IMGP69875.jpg        IMGP69882.jpg        IMGP69892.jpg

「ねえ、あんた、どれくらい苗をもらった?」
「見て。こんなに貰っちゃったよう!」
外から「おーい、そこ、次行くぞ」
「えっ!もう?」
てな具合に後へ後ろへと苗を植えてゆく
    
IMGP79985.jpg        IMGP79914.jpg        IMGP79988.jpg

ちょっと疲れて腰を伸ばす「ふ~っ!」
そしてまたいっせいに腰を曲げて苗を植える
細い目安紐が恨めしいころだ

IMGP89951.jpg        IMGP80010.jpg

たった今植えた田圃の面に和田家が映る
そろそろ終盤だ、もう少し、がんばれ~!

IMGP99938.jpg        IMGPA90002.jpg        IMGPA90005.jpg

「あ~ん!足がぬけないよ~!」
やっと足が抜けて仁王立ち「疲れちゃったぁ!」
とそのとき、後ろを行く黒い影
苗配りのお兄さんが籠に苗を入れてゆく
「ん、も~!」

IMGPAa0012.jpg        IMGPAa0013.jpg

「おわったぁ!」
「見てよ。爪の中まで泥だらけよ」
などと言ったかどうかは知らないが
田植えは無事ハプニングもなく終了

IMGPAb0019.jpg        IMGPAb0032.jpg        IMGPAb0034.jpg

「ふ~!やれやれ、やっと終わったねぇ」
先ずはお茶で喉を潤す
「ビールじゃないのぉ?」の声も
被っていた菅笠も取り
くつろぐ早乙女達
お疲れ様でした

IMGPAc0066.jpg

一服後、早乙女達の退場である
何百年も続く日本古来の田植え風景
世界でも日本にしかない田植え風景である
文化を守る上でも続けていってもらいたいものである

IMGPAc0053.jpg        IMGPAc0077.jpg

頑張った早乙女さんたち
お疲れ様でした

新緑の香り・小梨の香り

2016年5月28日・29日
新緑の香りと小梨の花の香りを求めて
上高地に出かけた
あいにくの曇り空ではあったが
大正池は碧い水を湛えていた

IMGP19439.jpg        IMGP19454.jpg

森閑とした雰囲気を撮影してみた
碧い水は鳥の声さえ吸い込んでしまうようだ

IMGP29496.jpg        IMGP29468.jpg

大正池の木道の脇の小梨の木
水辺に静かに花咲かせていた
朝の静けさと森の香りが心を癒す

IMGP39518.jpg        IMGP39532.jpg

上水桜と小梨の花のアップ
この白い毛虫みたいのが桜?
あいにくマクロが無いので近寄れないが
たしかに小さな桜がびっしりと寄り集まっている
明神館前の小梨の花は大きい
場所によって花の大きさや咲き方が違うようだ

IMGP49552.jpg        IMGP49587.jpg

山石楠花の群落である
もう少しで幕引きである
今年は咲きが早い。

IMGP59562.jpg            IMGP59579.jpg

狸沢の苔の渓流
かなり復活してきました
もうすぐ見ごろになりますが
晴れているとコントラストが強すぎて
とっても写し難いです

IMGP69594.jpg        IMGP69597.jpg

ちょうどサルたちの食事時だったようで
木の上で一生懸命食べていた
苦しい冬を乗り越えて、やっとありついた食べ物だろう
親も子供も無心に食べている

IMGP79608.jpg        IMGP79633.jpg

焼岳の夕景と朝景である
日没後の夕明かりの中のシルエット
そしてモルゲンロートの山頂である

IMGP99710.jpg        IMGP99701.jpg

寒い朝であった
河童橋には霜が降り白くなっていた
朝の光がこの谷間に差し込んできた

IMGP89677.jpg        IMGP89692.jpg

清流梓川と朝日に輝く新緑
そして残雪の穂高連峰
この季節ならでわの風景である
ただし、今年は残雪が少ないので
物足りなさが残る

IMGPa9722.jpg        IMGPa9732.jpg

いよいよ川原にも日差しが入ってきた
川原の化粧柳がいっせいに輝きだす
命の輝きとはこういう物かと改めて感動!

IMGPb9738.jpg            IMGPb9746.jpg

白樺の新緑と岳沢湿原の流れと六百山
岳沢湿原から見た六百山は立派だ
堂々たる雄姿である

IMGPc9753.jpg        IMGPc9770.jpg

岳沢湿原の蓮華つつじである
見ごろは6月8日~10日ごろが好いようだ
下の方の4輪だけ花開いていた
盛りは来週半ばである、順調にゆけば・・
例年は6月20日あたりだから、今年は無茶早い

IMGPd9749.jpg        IMGPd9759.jpg

いささか暑くなってきたので
たち上がってみあげれば
青空に風が白くお絵かきしていた
何と見るかは見た人次第

IMGPe9773.jpg        IMGPe9776.jpg

森中の小川も元気が好い
水がぺちゃくちゃとおしゃべりしながら
森の中を流れてゆく
イチイやトウヒが風と一緒に笑ってる
プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR