FC2ブログ

蕎麦の花盛り

2016年8月26日
前日の飛騨白川郷から
信州安曇野へ移動してきた
われながらタフなことで・・・


IMGP0918.jpg        IMGP0919.jpg        IMGP0922.jpg

安曇野の夜明け
堀金の道の駅からの夜明け
常念に日が当たって
今日を知らせる


IMGP0926.jpg        IMGP0932.jpg        IMGP0937.jpg

逆さ常念
この田圃1枚だけ水が張ってあった
きっと観光用に稲を植えなかったに違いない
有明山遠望
先週はあれを上から見下ろしていたんだ


IMGP0952.jpg          IMGP0954.jpg          IMGP0962.jpg

朝日に映えるネコジャラシ
安曇野を潤す用水
そして、米の出来具合は・・・


IMGP0965.jpg        IMGP0970.jpg

ひまわり畑
道の駅隣のひまわり畑はもう終わっていた
わずかに残っていた花と常念のコラボ
ちょっと走った集落内に小さなひまわりの畑を
見つけて撮影


  IMGP0983.jpg          IMGP0981.jpg        IMGP1010.jpg

奥の家の蕎麦畑かどうかは知らない
白い蕎麦の花は真っ盛りである
近くの国営アルプス公園の中に
広大な蕎麦畑が作ってあった


IMGP1027.jpg        IMGP1030_20160828004123038.jpg        IMGP1018.jpg

入場料が必要なため
公園敷地の外から撮影
この位置だとアルプスとのコラボは
ちょっと難しいような・・・
東の山並みをバックにすると良さそうです


  IMGP1042.jpg          IMGP1048.jpg

この日、天気が思わしくなく
山の雲が取れないでいた
蕎麦畑はこれくらいにして
蕎麦と食べようと穂高神社へ

穂高神社を参拝して一休庵さんへ
蕎麦とてんぷらを食しまんぞく~!


IMGP1052.jpg          IMGP1086.jpg        

昼食後、碌山美術館へ
安曇野へは何度も来ているのに
初めて訪問した
入館料を払って敷地内に
そこは外界とは遮断された
異空間とも感じられる雰囲気であった


  IMGP1072.jpg            IMGP1071_20160828004425f3d.jpg        IMGP1082.jpg

ちょっと少女趣味的感じもしたが
中に入ると元少女が沢山いらっしゃる
もともとそんなに大きな部屋ではないので
沢山と言っても人数はしれている


  IMGP1053.jpg           IMGP1076.jpg

代表作「労働者」と「裸婦」
荒々しい作風の多い中で
この裸婦像だけは滑らかな曲面で
構成され、異彩をはなっている
つい、「何を思い、何を語らん?」と
問うてみたくなる作品であった


やっぱ、芸術作品は生が好い


                    IMGP0905.jpg

おまけ
乗鞍高原で見た天の川
これは人知を超えた神のアートか?

スポンサーサイト



まだ夏真っ盛り・白川郷

2016年8月25日
秋の気配を探しに白川郷へ行った
立秋も過ぎ、盆も過ぎたと言うに
思いっきり暑かった
それでも夜は涼しくって、気持ちよく眠れた

IMGP0547.jpg        IMGP0549.jpg

朝、この谷間の村に日が差し込むのは8時くらい
展望台から見下ろしていると
裏山の影がどんどん後退してゆき
集落が目覚めてゆく様子がよく解る

IMGP0554.jpg        IMGP0579.jpg

静かな展望台ではコスモスが揺れていた
ちょっとだけ秋の風情が・・・

IMGP0574.jpg          IMGP0567_201608280024173c4.jpg

村の田圃はかなり色づき始めていた
何もなければ月末くらいが
本当に黄金色に染まると思われる

IMGP0597.jpg          IMGP0602.jpg          IMGP0611.jpg

車を移動して”せせらぎ”に入れる
手始めに明善寺の山門辺りから
境内の南側の田圃越しに合掌を
珍しく鐘楼の真下から見上げてみました

IMGP0607.jpg        IMGP0631.jpg

ススキの穂が風に揺れていた
茅のの一種で、あっちこっちに見られます
屋根材として植えられていたのでしょう
これも少うし秋っぽいです


IMGP0648.jpg        IMGP0657.jpg        IMGP0662.jpg

百日紅と紅白のムクゲ(?)の花
これは夏らしい花の競演
これを写しただけで汗が吹き出る


IMGP0667.jpg          IMGP0678.jpg

まだまだ頭の垂れ具合の浅い稲穂
もう少しです。色はかなり好い色づきです
分かり難いけど朝顔を見つけました
黄色コスモスと一緒に雑然と咲いておりました


花と合掌をコラボするのは
ここでも中々難しいのです


IMGP0686.jpg          IMGP0684.jpg          IMGP0687.jpg

和田家の前まできました
藁ボッチと納屋
茅場の中の道
こういう道を夜遅く歩くと
狐や狸に化かされます


IMGP0703.jpg        IMGP0699.jpg        IMGP0706.jpg

和田家の田圃
寄せたり引いたりして写します
稲穂も間近で見ると、かなり膨らんでいます
もっと頭を垂れてゆきます

実るほど 頭を垂れる 稲穂かな
奥ゆかしいですね


IMGP0727.jpg        IMGP0719.jpg        IMGP0739_20160828003025236.jpg

村中の小川というか、用水です
これらの水は洗い水として利用されます
場所によっては飲用しても差し支えないとか
観光の女の子は小川が珍しいようです
都市部では小川なんて無いですもんね


IMGP0750.jpg         IMGP0800.jpg          IMGP0805.jpg

夏花の王者、ヒマワリです
 比較的ちっちゃいヒマワリですが
彼らもこの暑さにへばっているようです
こんな日には冷たいラムネがいいですね
井戸水で程よく冷えたラムネ
喉が鳴る


IMGP0770.jpg          IMGP0837.jpg          IMGP0854_20160828003352f95.jpg

暑い、暑いと言いながらカン町へ来た
カン町の稲の実り具合を確認
見上げれば夏の雲が浮いていたり
山の向こうから湧いてきたり
夏の真っ盛り状態


IMGP0864.jpg        IMGP0889.jpg        IMGP0888.jpg

夏雲が富山方面から連なって流れてきたり
山のむこうからモクモク沸いてきたり
やっぱりまだ夏なんです


この後安曇野へ向かいます

アルプスの女王・燕岳

2016年8月15日・16日
夜行1泊で燕岳に登ってきた
久しぶりの燕である
合戦尾根の急登も忘れて決定した次第
途中合戦小屋辺りでは大雨に見舞われ
どうなることかと心配したが
上がるにつれて雨は小降りになり
燕山荘に着く頃には快晴になった

IMGP1319.jpg        IMGP1313.jpg        IMGP1312.jpg

「わ~~!燕だ!槍だ!裏銀だ!表銀だ!」と
忙しくなってきた

IMGP1330.jpg        IMGP1333.jpg        IMGP1371.jpg

薄雪草に有明山
有明山も裏から見ると
あの秀麗さはどこへやら
圧倒的に燕の美しさが際立つ
これがアルプスクイーンと言われる有縁か

IMGP1375.jpg        IMGP1382.jpg        IMGP1400.jpg

小屋の裏手のザレ場から
風化した花崗岩のオブジェと大天井岳
オブジェの向こうに銃走路が走り
またその奥にすくっと槍が聳える
千丈沢Y字雪渓であるが、雪がない
銃走路の尾根が大天井に突き上げる

IMGP1420.jpg        IMGP1403.jpg        IMGP1437.jpg

ゴリラの形のオブジェ
自然とはなんと芸術的なんだろう
西日を浴びてクイーンが美しい
反対側では湧き上がる雲のまにまに
安曇野が見える
何時もはあの町から見上げているのだが

IMGP1450.jpg        IMGP1462.jpg        IMGP1457.jpg

翌朝4時過ぎに起床
もっと眠っていたい体に鞭打って
カメラをぶら下げ外へ出る

東の空は夜明け前の茜色
雲が焼けていた
西を見ると夜と朝の境界線が
槍ヶ岳の向こうに沈んでゆく
再び東の空の雲海

                      IMGP1473.jpg

そして、ご来光!
神々しい光が厳かに、そして力強く
雲海の彼方からこの世を照らす
合掌!

IMGP1484.jpg        IMGP1478.jpg
        
さてさて、こっから先は大忙しである
槍だ、鷲羽だ、水晶だの
裏銀の山々の朝焼けだあ

IMGP1488.jpg        IMGP1487.jpg        IMGP1489.jpg

表銀の銃走路や、遠く穂高もいいぞ
朝日を浴びるクイーンも艶っぽいぞ  

IMGP1500.jpg        IMGP1515.jpg        IMGP1520.jpg

どたばた走りまわっているうちに
太陽は随分高い所まで昇っていた
山は穏やかな表情に変わっていた
雲海の向こうに早くも夏の雲が・・・

IMGP1489.jpg        IMGP1540.jpg        IMGP1533.jpg

「今朝は好かった。Good Job!」
「っつうか、腹へったなあ」
時計を見れば食事時間を過ぎていた 
       
                        IMGP1541.jpg

今日の下山の安全を祈願して
小屋に戻った
プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR