FC2ブログ

2017年秋 上高地カラマツ黄葉のトレック

YOU TUBE
2017晩秋 上高地の黄葉

2017年10月24日
台風一過の晴天狙いで
上高地のカラマツの黄葉を見に出かけた
朝方は陽射しはあるものの
雲が多めで一部WB調整したものもあった


台風が引っ張り込んだ寒気のおかげで
穂高は新雪を纏い輝いていた


20171024001.jpg         20171024002.jpg         20171024003.jpg

大正池の対岸のカラマツも好い色であった
曇り空ながら霧が好い演技をしてくれた


20171024004.jpg         20171024005.jpg         20171024006.jpg

実に見飽きない自然の変化である
そして段々晴れてきた  
青空に秋の雲が流れてゆく


20171024007.jpg         20171024008.jpg         20171024009.jpg

広葉樹の黄葉は残り少なくなって
カラマツもあと一週間というところであった
昨日の雨の名残が枝先に残っていた


  20171024010.jpg           20171024011.jpg         20171024012.jpg

田代池の黄葉は終わりがけであった
秋風があと一吹きすれば
全部落ちてしまうだろうと思わせた
最期の輝きである


20171024013.jpg         20171024014.jpg         20171024015.jpg

田代池の奥の黄葉
がんばってました
台風の影響はさほどなかったようです


  20171024016.jpg           20171024017.jpg           20171024018.jpg

見上げれば、空には秋の雲
刷毛でこすったような雲が流れた


20171024019.jpg           20171024020.jpg           20171024021.jpg

山は白絹を纏い
冬の装いを急いでいた
もうすぐ冬だと言わんばかりの
表情で下界を見下ろしていた


20171024022.jpg         20171024023.jpg         20171024024.jpg

草ははや冬枯れ
散りそびれた葉は風に震えていた
山の広葉樹は早々に葉を落とし
白い骨身をさらしていた


20171024025.jpg         20171024026.jpg         20171024027.jpg

大曲の辺りは今年も綺麗であった
ここは風にも寒さにもめげず
綺麗な黄葉を見せていた


20171024028.jpg         20171024029.jpg         20171024030.jpg

輝く黄金色の秋を満喫する
いいなあなどと思いつつ
しばし休憩して、秋の空気を
大きく吸い込んだ


20171024031.jpg         20171024032.jpg         20171024033.jpg

背の高いカラマツを見上げてみると
青空を雲が流れていった
これで山の秋も終わり
冬の眠りにつく


20171024034.jpg           20171024035.jpg           20171024036.jpg

森中の川は冬でも流れている
細くはなるが絶えることはない
さあ、冬のキャンプに備えるかな


20171024037.jpg           20171024038.jpg             20171024039.jpg

これで山のシーズンは終わる
がしかし、今冬は霧氷を撮影したい
オフシーズンの始まりである


YOU TUBE
2017晩秋 上高地の黄葉


スポンサーサイト



2017年 白川郷 どぶろく祭り 御神幸

YOUTUBE
2017白川郷どぶろく祭り御神幸

2017年10月14日
世界遺産白川郷において
恒例のどぶろく祭りが開催された
天下の奇祭と言われる祭りのひとつで
村人にとっては鎮守の森の秋祭りと
いったところだが
見学の人のお目当ては「振る舞い酒」
八幡様の境内でのみ飲むことが許される
どぶろくである。
写真をたしなむ私としては
御神幸のほうに興味が湧く。では・・・


  2017001.jpg          2017002.jpg        2017003.jpg



家の軒下に垂れ幕を張り
玄関の両脇(片側のみもある)に
御神灯の提灯を吊るす
これぞ日本のお祭り風景だ


2017004.jpg       2017005.jpg         2017006.jpg
                          
時は正に秋
集合場所の八幡様に急ぐ少年
道の端に並べられた砂盛は
神輿に通る道を教える為のものだそうだ


2017007.jpg       2017008.jpg       2017009.jpg

境内では既に人が集まっていた  
出番前の退屈な時間
集合の合図が掛かって
集合場所へと階段を駆け下りる


2017010.jpg         2017011.jpg         2017012.jpg

大人達が神殿の中に入って
神様を神輿の中へと招き入れる
神事が行われている
そして神様が神輿の中に鎮座されると
神殿を出て御神幸の始まりだ


2017013.jpg       2017014.jpg       2017015.jpg

境内の中、社務所の前などで
出番を待っていた五色旗がいっせいに揺れる
神輿は少年達の鉦・太鼓に先導され
家々を廻って加護を届ける


2017016.jpg       2017017.jpg       2017018.jpg

先ずは「のだにや」さん
縁側にお供え物がある 
神輿はそこまで入って
神職が祝詞をあげる
神輿の横には巫女さん達が並ぶ
玄関前では獅子舞が奉納される
大体こんな感じである


  2017019.jpg           2017020.jpg         2017021.jpg

露払いの青鬼と赤鬼である
ちょっとユーモラスな鬼さんである
随分細身の鬼である
その後に鉦鼓が続く


2017022.jpg       2017023.jpg       2017024.jpg

大鼓の音が腹に響く
賑やかな行列は家々の前で
いっそう勢いを増し、勇壮に
獅子舞を舞う


2017025.jpg         2017026.jpg         2017027.jpg

神様をお迎えする家では
正装して門口までお出迎えをする
当主たるお父さんはちょっと緊張気味
お母さんや子供たちは嬉しそうである


2017028.jpg       2017029.jpg       2017030.jpg

獅子舞の様子である
若者が獅子を退治するストーリーのようだ
獅子=災いとして役落としの意味合いか?


2017031.jpg       2017032.jpg       2017033.jpg


2017034.jpg       2017035.jpg       2017036.jpg

明善寺山門前を行く御神幸の列
赤鬼、青鬼、鉦鼓、大鼓、笛、獅子舞、
五色旗、雅楽器、巫女と続く
見ていると中々壮観である


  2017037.jpg         2017038.jpg       2017039.jpg

こうして合掌集落の中を練り歩く
家々の繁栄を願いつつ村中を廻る  
とうてい一日では廻りきれないので
二日に分けて廻る
神様も大変だ


2017040.jpg       2017041.jpg       2017042.jpg

永瀬家での風景
可愛い巫女さんが先に入って
その後に続いて神輿が入る
並んだ巫女さんの前を通って
神輿は祭壇のある所へと運ばれる


2017043.jpg       2017044.jpg          2017045.jpg

神田家である
当主さんと係りの人が何やら打ち合わせ
獅子舞が祭壇の前で行われた
露払いの意味合いかな?
神輿が祭壇の前に進められた


2017046.jpg       2017047.jpg       2017048.jpg

玄関前では獅子舞が舞われていた
剣士役の男の子がかっこいい
随分練習したんだろうなと感心しきり


2017049.jpg       2017050.jpg       2017051.jpg

さあ、いよいよ和田家の合掌の前
最も写真になるポイントにやってくる
お囃子が近づいてくる
赤鬼、青鬼の先導で鉦鼓役
続いて大鼓役


2017052.jpg       2017053.jpg       2017054.jpg


獅子が続いて、五色旗がゆく   
和田家と五色旗
これがメインの構図である
いかにも白川郷である


2017055.jpg       2017056.jpg       2017057.jpg

ながぁい五色旗の列の後に
巫女さんの列が続き
再度五色の旗が一塊続く


2017058.jpg       2017059.jpg       2017060.jpg

和田家の入り口前では
家族が揃って神様をお出迎えする
お父さん、息子さん、緊張してます
鬼さんたちは、そろそろ疲れたのか
壁に寄りかかってリラックス
それを見て獅子が一括


2017061.jpg         2017062.jpg           2017063.jpg

ここでの獅子舞はちょっと違っていた
子供剣士は居なくて
獅子だけで舞う
まさしく獅子舞である
肩車をして獅子頭を高く上げる
なかなかの技である


2017064.jpg       2017065.jpg       2017066.jpg

和田家が終わると行列はメインストリートへ
それこそ多くの観光客を掻き分けつつ進む
だいぶ疲れてきたようだ
鉦鼓役の少年たちも足が上がってない


2017067.jpg       2017068.jpg       2017069.jpg

鬼さんは和田家でエネルギー補給したせいか   
元気を回復したようだ
本日最期の家に向けて進んでゆく


2017070.jpg       2017071.jpg       2017072.jpg

最期は西村家である
いつもお世話になっている親爺さまの家だ
家族総出で門口に出てお出迎えをする
いつも陽気な親爺さまも神妙な面持ちである 
神輿が到着して一礼
神職が祝詞を読み上げる
その間ずっと頭を下げっぱなし
 

2017073.jpg       2017074.jpg       2017075.jpg

祝詞が終わるとお父さんが神輿の前に出て
二礼二拍一礼して終了
一同やれやれであったろう


2017076.jpg       2017077.jpg       2017078.jpg

西村家の前では獅子舞が始まった
海外からのお客さんにはもってこいの場所だ2017
なんつっても路上パフォーマンスである
白人系の人が大喜びである


2017079.jpg         2017080.jpg         2017081.jpg

去り際にお獅子が親爺様の曾孫をパクリ
元気な子になりますように


YOUTUBE
2017白川郷どぶろく祭り御神幸

2017年秋 涸沢紅葉記

YOU TUBE
2017秋 涸沢紅葉記

2017年9月29日~10月2日の予定で
涸沢の紅葉を撮影しに山道を登った
当初、横尾で一泊して上がる予定だったが
突如、一発上がりに変更した
久しぶりの一発上がり
横尾から涸沢小屋まで6時間も掛かった
いっかな撮影しながらとは言え
やっぱり掛かりすぎだよねえ


aki001.jpg          aki002.jpg          aki003.jpg


先ずは河童橋から一枚
朝7時半から出発
随分のんびりした出発である
まだこの時点では横尾泊のつもりである
小梨を抜けて森の中を流れる小川をパチリ!
明神手前の沢ガレから明神南峰を写す


aki004.jpg          aki005.jpg          aki006.jpg

で途中が無くて、いきなり涸沢のテント場
本谷、Sガレ、分岐とたいした紅葉も無く       
ただただ苦難の行軍である
やっとの思いでテント場について
らしい紅葉を見ることができたが
太陽は穂高の向こうに沈み、光が無い!
でもシャッターを切るとこが中毒か?


aki007.jpg        aki008.jpg        aki009.jpg

午後6時過ぎ、涸沢小屋に到着
ゼイゼイハーハー!の6時間が終わった
食事は午後8時からと言うのでテント村と星空を撮影
今夜は800張りくらいかな
見上げれば秋の星座と夏の星座が
同居している


aki010.jpg        aki011.jpg        aki012.jpg

二日目は朝からテント村へ下りて
昨日登りながら見つけておいた
紅葉のポイントで撮影
けっこう色が濃かった


aki013.jpg        aki014.jpg          aki015.jpg

ヒュッテの下から回り込んで
パノラマコースの見晴らし場へ
そこには多くのカメラマンが
光の廻ってくるのを待っていた
私は廻って来た直後に到着
ゴソゴソと仲間に入れてもらいパチリ!
涸沢の全体がよく見える


  aki016.jpg          aki017.jpg        aki018.jpg

パノラマからの撮影後、ヒュッテさんまで戻って
ヒュッテさんのテラスから撮影
靴紐がよう緩む
おでんを食べる計画であったが
あまりの人混みに食欲も失せた
天気も好く、絶好の撮影日和!

aki019.jpg        aki020.jpg        aki021.jpg

ここまできたら次は池である
文献にも出てくる涸沢の池
ほとんど大きな水溜りである
岸辺に氷が張っていた
昨夜は寒かったのだ
風で池面は細波がたっていた


aki022.jpg        aki023.jpg        aki024.jpg

目を上に転ずれば青空に白い雲
秋の雲がアルプスの上を流れてゆく
紅葉と秋の空。綺麗かつ雄大!
う~ん!いいなあ!


aki025.jpg        aki026.jpg        aki027.jpg

池からパノラマを辿りステージへ
今回、一番好い色してる場所
名山をバックに紅葉を写す
山岳紅葉写真の醍醐味ですね


aki028.jpg        aki029.jpg        aki030.jpg

足元に目をやれば
綺麗な草紅葉とチングルマのひげ
丈の低いチングルマと山とをコラボさせるのは
中々苦しいものがある
腹が邪魔である。


aki031.jpg        aki032.jpg        aki033.jpg

岩と岩の間の隙間にも紅葉がある
健気に一生懸命、赤くなっている
小鳥が「何してんだ?」という顔して
こっちを見てた。


aki034.jpg        aki035.jpg        aki036.jpg

ここが一番綺麗な色である
奥穂高、涸沢岳、北穂高をバックに
色鮮やかな紅葉、黄葉を写しまくる
とにかく写した


aki037.jpg        aki038.jpg          aki039.jpg

屏風と黄葉、紅葉である
屏風の肌が色濃いので
紅葉、黄葉がよく映える


aki040.jpg        aki041.jpg        aki042.jpg
        
二日目のテント村の夕べ
1200張りのテント群は圧巻である
黄昏、夕暮れ、宵闇と並べてみた
すごい数である
上から見ていると足の踏み場も無いように見える


aki043.jpg          aki044.jpg          aki045.jpg

天の川である
月が煌々と照っているなか
無理を承知でカメラを向けた
うっすらと写っていますが、見えますか?
ず~っと見上げていると
星座たちが神話を語ってくれるようです
悲しいお話、勇敢な冒険物語
それらを聞きつつ眠ります


aki046.jpg        aki047.jpg        aki048.jpg

で、翌朝、目覚めれば夜明け30分前
大急ぎで身支度を整えて
いつもの定番の場所へ急ぐ
もう既にカメラの品評会が始まっている
モルゲンロートの始まりである
穂高が赤く肌を染め
山が目覚めるときである


aki049.jpg        aki050.jpg        aki051.jpg

朝の光が段々とカールの下へ降りてくる
今日がやってきたのだった
お日様はもう屏風の向こうにいらっしゃるのだ
思わず合掌!


aki052.jpg        aki053.jpg        aki054.jpg

3日目は大岩経由でパノラマを下りる
朝っぱらからとっつきの登りはこたえるぜ
朝の光の中で岳樺の黄葉が鮮やかだ
前穂や屏風をバックにパチリ!
足元に岩桔梗がいっぱい咲いていた
まだ咲いているんだと、ちょっと驚き!


aki055.jpg        aki056.jpg        aki057.jpg

大岩の上辺りでかなりの数、撮影
谷を埋める秋、山を隠す秋、そして山を飾る秋
秋、秋、秋、
あたり一面、秋が溢れかえる
好い気分である
この秋の景色に飽きはこない


aki058.jpg        aki059.jpg        aki060.jpg

山を飾る緋色の衣
こんな表現が合いそうな景色である
秋の山は赤や黄色の着物がお好きなようだ
もう直ぐ白衣の季節になると言うのに


aki061.jpg        aki062.jpg        aki063.jpg

常念岳3題
横尾谷の奥、遠くに常念がいる
俺はここだと言わんばかりに
谷の向こうで威張っている
しかし、本当は羨ましいのだ
綺麗に着飾った穂高が・・・


aki064.jpg        aki065.jpg        aki066.jpg

秋の美しい涸沢の急斜面を
大きな荷を背負い登って行く
人生は重い荷を背負い山道を行くが如し!
家康だったかな???
(やらせです。今回の相棒です)


aki067.jpg        aki068.jpg        aki069.jpg

獅子岩とザイテングラードの下辺り
我々はパノラマコースを下りますが
登山者は獅子岩の前を通って
ザイテンに取り付きます
ここから上は岩の世界
最近、ザイテンでも滑落が多いそうです


aki070.jpg        aki071.jpg        aki072.jpg

パノラマコースの見晴岩の辺り
ここは夏にはお花畑になるところだ
好い色付きの木があるのだが
上半身は色気があるが
下半身が貧弱である
上だけで山とコラボさせる


aki073.jpg        aki074.jpg        aki075.jpg

黄葉が急な斜面を飾っています
この黄葉の斜面を登って行くのです
好きでなければやれない世界
目の前の一万尺の峰を目指して
秋の中をひたすら歩いてゆくのです
美しい秋色に埋もれて
人は汗を流しているのです


aki076.jpg        aki077.jpg        aki078.jpg

草紅葉とチングルマの綿毛
昨日の場所とは違うところです
艶々とした草紅葉、
赤と言うよりエンジに近いいろです
チングルマの綿毛が草紅葉のなかで
思いっきり目だってます


aki079.jpg        aki080.jpg        aki081.jpg

ステージの大岩の下で撮影
昨日、上で撮影したので
その岩の周辺から撮影
岩と岩の間の岳樺
大昔、背の高い彼女は目だっていたのに
今や埋もれてしまいそうな状態で
あの木、好きだったなあ


aki083.jpg        aki082.jpg        aki084.jpg

さあ、そろそろ終了するかな
もう一度定番的な写真を撮っておくかな
二度と無いような好天に恵まれ
幸福な時間を過ごせたことを
神仏に感謝!


YOU TUBE
2017秋 涸沢紅葉記
プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR