FC2ブログ

2018年2月ニュージーランドツアー  マゼラン雲と南の星たち

YOUTUBE
2018年2月ニュージーランド マゼラン雲と南の星たち

2018年2月8日~15日
ニュージーランドツアーに参加して
大小マゼラン星雲と南十字星をはじめとする
南の星たちに会ってきた
(同じような写真になってしまった)


S001.jpg          S002.jpg

クイーンズタウンのホテルのベランダから
撮影した夕暮れの天の川
サザンクロスとご対面である
少したって暗くなると
ぼんやりとマゼラン星雲が見えてきた


S003.jpg        S004.jpg        S005.jpg

マゼラン星雲とサザンクロスの位置関係
大小マゼラン雲のアップ
サザンクロスと石炭袋
サザンクロスの下方の明るい星は
(二つ並んだ下側の星)
ケンタウロス座のアルファ星
大昔、ロビンソン一家が移住目的で
目指した地球に一番近い星
アルファセンタウリ、又はアルファセンチュリー


S006.jpg        S007.jpg          S008.jpg

何なのでしょう?
星を見てると、時間が停止してしまう
何時までも見ていられる


S009.jpg          S010.jpg            S011.jpg

左、サザンクロスのアップ
解りやすいようにクロスを立ててあります
下の黒い部分が石炭袋、暗黒星雲です
右、大マゼラン星雲のアップです
大きくするとこんな感じです


S012.jpg        S013.jpg        S014.jpg
        
左、かなり広い範囲を撮ってみました
サザンクロスとかアルファセンタウリとかは    
もう解りますね
では、もうヒトツ、中の写真で
下から小マゼラン、上へ大マゼラン
そっして更に上に行き少し右へ目をやると
明るい星があります
カノープスと言って竜骨座の主星です
和名「長寿星」といいます
この星を日本で見られれば長生きできるとか
地平線ギリギリで僅かの時間見られます

以上、南半球、感動の星空でした


YOUTUBE
2018年2月ニュージーランド マゼラン雲と南の星たち
スポンサーサイト



2018年2月 キオラー!アオラニ マウント クック !

YOUTUBE
2018年2月マウント クック

2018年2月8日~15日
ニュージーランドツアーに参加した
マウントクックに会いたかった
南半球の雄、クック山
富士山と同じ位の高さを誇る(3724m)
氷河に削られた鋭い山容
サウザーンアルプスの主峰である


MT001.jpg        MT002.jpg        MT003.jpg

朝、目覚めて即カーテンを開ける
正面にはマウントクックが見える
左手には氷河を乗せた山肌が
雲の間からはっきり見える
天気は良さ気である
マウントクックに向かって拍手2回


MT005.jpg        MT006.jpg

久々に好い景色である
そう、初めて上高地に入って
穂高に対じしたときのような
そんな高揚した気分である


MT007.jpg        MT008.jpg        MT009.jpg

いよいよ、フッカーヴァレーのトレッキングである
じっさいは、平坦な所しか歩かない
入り口には管理棟とトイレかな
そこから奥がキャンプ場である
ここで一週間くらいキャンプを張りたい気分


MT010.jpg        MT011.jpg        MT012.jpg

ガイドさんの後に続きながら進んでゆく
私は勝手に撮影しまくっている
ガイドさんの話なんぞ聞いちゃいない
氷河湖が左手にみえてきた
今日の色はミルキーグリーン   


MT013.jpg        MT014.jpg        MT015.jpg

眼下に第一吊橋が見える
先発隊が渡ろうとしているのが見える
この水は奥の氷河湖から流れ出ている
ミルキーグリーンの流れは
比較的緩やかに下ってゆく


MT016.jpg          MT018.jpg            MT019.jpg

私たちも吊橋を渡ろう
一度に渡れるのは20人まで
なるほど、なるほど。
奥の山に抱かれている氷河から
湖に水が供給されている。


MT017.jpg        MT020.jpg        MT021.jpg

外来種らしいが黄色い綺麗な花
花の季節は既に終わり
ちょっと寂しい谷間である
雁の仲間が丘の上からこちらを見てる


  MT022.jpg          MT023.jpg        MT024.jpg

上に氷河、下に氷河湖
3000m級の山に氷河
緯度的には旭川・稚内あたりと同じだから
日本でも北海道に3000m級の
山があったら、大きな氷河が見られるのかな?
足元の白いリンドウが可愛い。


  MT025.jpg          MT026.jpg        MT027.jpg

第2吊橋を渡ってほどなく
本日の目的地に到着
天気が好ければ川の上に
マウントクックの全容が見られる場所
フリーでくれば好い写真が撮れそうです


  MT028.jpg          MT029.jpg        MT030.jpg

高曇りなのが惜しいけど
贅沢は言いません
全容が拝めただけでも良しとせねば
というわけで、ここいらで一服して
同じ道を帰ります


MT031.jpg          MT032.jpg            MT033.jpg

花の名前が解りません
クックしらん草ということにしておきます


  MT034.jpg          MT035.jpg        MT036.jpg

花の名前は覚えられません
聞いてもすぐ忘れてしまう
たまにメモをとっても
そのメモがどこかにいっちゃうという始末


  MT038.jpg          MT039.jpg        MT040.jpg

ホテルに着いたら雲がとれた
青空の中マウントクックは堂々とした
その山容を見せてくれた
周りの山も光の中で美しい


MT041.jpg        MT042.jpg        MT043.jpg

好い天気の中バスに乗り込み
次なる目的地に向かって
ブカキ湖のミルキーブルーを左に見て
国道を走って行く


YOUTUBE
2018年2月マウント クック

2018年2月 ニュージーランドツアー2 クライストチャーチ、ロトルア、オークランド

TOU TUBE
2018年ニュージーランドツアーⅡ

英国の息のかかった国では
どこもガーデニングが盛んなようだ
街中の公園なども好く整備されている


CRO001.jpg        CRO002.jpg        CRO005.jpg

クライストチャーチです
紙の大聖堂。
別に全て紙製の建物と言う訳ではない
三角屋根の梁が紙の管で出来ているそうな
市内観光バスもイギリス風である


CRO006.jpg          CRO007.jpg          CRO008.jpg

散策していて気持ちの好いフラワーガーデンである
(モナベイル庭園)
実に気持ちの好い空間を演出している



CRO009.jpg        CRO010.jpg

建物もイギリス風で
なんだか、おとぎの国のようです


南島から北島に飛びます
オークランドからロトルアに向かいます


CRO011.jpg        CRO012.jpg

マタマタと言う町の一郭
完全に白雪姫の世界
左は観光案内所、右はお土産屋さん
オークランドからロトルアに向かう途中


CRO013.jpg        CRO014.jpg        CRO015.jpg

マオリの人たちによるショウタイム
中々の迫力でした
形としてはポリネシアに近い踊りです
目を大きく見開き、口を大きく開けて
舌をめいっぱいだして武器を振りかざす
そんな戦いの踊りが勇ましい



CRO016.jpg        CRO017.jpg

ロトルア湖では黒鳥が多く見られた
黒鳥は渡りをしないのだそうだ
ずっとそこに住み着いている


CRO018.jpg          CRO019.jpg            CRO020.jpg

グリーンストンの原石が鎮座する入り口
翡翠でしょう
日本と同じく、翡翠を加工して飾りを造る
それは魔よけになるのだとか。
特に緑色がいいそうです


テ・プイアでは技術学校があり
マオリの文化の継承を担っていた
昨夜踊っていたお兄さんたちは
ここの学生さんのようです


  CRO021.jpg          CRO023.jpg        CRO022.jpg

奥へと進むと、キウイバードの飼育舎がある
国鳥キウイバードが見られるかと期待したが
残念ながら見られなかった
キウイバードは1日四時間しか動かないそうです
で、熱帯風な森を抜けて間欠泉へ
これもタイミングが合わずに見られなかった
小さい噴泉丘が少し噴き上げたのみ
坊主地獄がポコポコ煮え立っていた


CRO024.jpg        CRO025.jpg        CRO026.jpg

この小高い岩山の天辺から
熱湯が噴きあがる予定だった
ニュージーランドでは先住民族マオリの
文化や技術を大切にしているという


  CRO027.jpg          CRO028.jpg          CRO029.jpg

さて、一通り見学も終わって
はるばる渋滞をかいくぐり
オークランドに戻ってきた
そして最期の食事である
オークランドタワーの展望レストラン
1時間くらいで席が一周する仕組みだ


  CRO030.jpg          CRO031.jpg        CRO032.jpg

町を見下ろしながら食事をしていると
今日までの道のりが思い出される
よくやった!


  CRO033.jpg            CRO034.jpg

食事も終わり地上に降りて
見上げれば、けっこうな高さであった
オークランドも綺麗な町だが
ニュージーランドで一番の都会である
賑やかな雑踏をぬけ、空港行きのバスに乗った


TOU TUBE
2018年ニュージーランドツアーⅡ

2018年2月 ニュージーランドツアー クイーンズタウン・テカポ・ミルフォードサウンド

YOU TUBE
ニュージーランド QT,テカポ、MS

2018年2月8日午後10:00
憧れのニュージーランドに向けて
羽田を飛び立つ
ざっと11時間、エコノミーに座りっぱなしの
羽田・オークランド直行便である
ニュージーランド航空が新たに開設した便である


訪問順はバラバラですが
各見所をあげてみます
先ずはクイーンズタウン


Q001.jpg        Q002.jpg        Q003.jpg

クイーンズタウン、綺麗な町です
女王様が住むに相応しい町とか
展望台から見下ろせば
さほど大きな町ではないが
最近は開発が著しいとか


Q004.jpg        Q005.jpg          Q006.jpg

山のリゾート地の感があるが
観光地であっても、しっかりとした生活感がある


Q007.jpg        Q008]

クイーンズタウン郊外のホテルから
夜明けを撮ってみました


Q009.jpg        Q010.jpg

ゴールドラッシュで湧いた町、アロータウンです
かっての賑わいは今は昔。
朝早かったせいか町は静かでした


Q011.jpg          Q012.jpg            Q013.jpg

クイーンズタウン近隣では
いろんなスポーツが楽しめる
バンジージャンプもかなり盛んです
43mの橋の上から川に向かってジャ~ンプ!


Q014.jpg        Q015.jpg        Q016.jpg

ニュージーランドの羊さんです
種類はけっこうな数があるそうです
牧羊犬も頑張って仕事してました


  Q017.jpg          Q018.jpg

リンディス峠
分水嶺だそうです
太平洋側とタスマン海側を分ける峠です
右と左では植相がかなりちがいます


Q019.jpg         Q020.jpg

可愛い羊さんも、最期の方には飽きてくる
それくらい沢山飼育されているようです


つづいてテカポ湖

T001.jpg        T002.jpg        T003.jpg

善き羊飼いの教会、バウダリー犬の像
この教会の撮影時には中国の方が
沢山おいでになっておられました。


T004.jpg        T005.jpg        T006.jpg

テカポ湖は氷河湖である
ミルキーブルーの湖面が美しい


T007.jpg        T008.jpg        T010.jpg

テカポの最大の魅力は夜だ
昼間の観光は寂しいものがあると思う


続いてミルフォードサウンドです

TMS001.jpg          TMS002.jpg          TMS004.jpg

フィヨルドランドナショナルパークの中のフィヨルドのひとつ
ミルフォードサウンドのクルージングである

出掛けは曇っていて
ピークが見えなかった
滝がたくさん落ちていた
フィヨルドの入り口まで進む
目の前の開けた海はタスマン海
水平線の彼方はオーストラリアだ


  TMS003.jpg          TMS005.jpg        TMS006.jpg

けっこう大きな滝が岩肌を落ちてくる
雲が乱れてきた
間もなく晴れてくるだろう
オットセイものんびり岩の上である


TMS007.jpg          TMS008.jpg            TMS009.jpg

見事な滝である
クルーズ船が小さくみえる
近寄ると音もしぶきも凄い


TMS010.jpg        TMS011.jpg        TMS012.jpg

晴れてきた
さすが世界遺産
晴れると綺麗です
風が強くて映り込みは撮れなかった


TMS013.jpg        TMS014.jpg

テ・アナウ湖
空も気持ち好く晴れてきて
暑いくらいの陽気であった。
青いプケコ(鳥の名前)も暑そうであった


YOU TUBE
ニュージーランド QT,テカポ、MS
プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR