FC2ブログ

2018年8月18・19日 白川郷 夏と秋の間で

ユーチューブ
20180818白川郷 夏と秋の間で


2018年8月18日・19日
豪雨と猛暑でなかなか行かれなかった
白川郷にやっと行ってきた
時は既に秋の入り口


20180818001.jpg          20180818002.jpg          20180818003.jpg

遠く白山の上には夏の雲
そのまた上には秋の雲
コスモスも夏バテ気味の日
白川郷は晴れて暑いくらいの陽気であった


20180818004.jpg          20180818005.jpg          20180818006.jpg

城山の展望台から見る郷は
田圃が色付き始め秋の気配が


20180818007.jpg        20180818008.jpg        20180818009.jpg

ススキが穂を開き始め
茅場は銀色に輝いていた


20180818010.jpg        20180818011.jpg        20180818012.jpg

青空の中、ススキの穂が風になびく
遠くの山の上には夏の名残雲が


20180818013.jpg        20180818014.jpg        20180818015.jpg

赤とんぼがアヤメの茎に止まって
羽根を休めていた
彼も夏バテだろうか?


20180818016.jpg          20180818017.jpg          20180818018.jpg

夏の花もまだ盛んに咲いていた
まだまだ夏なんだと思わせる花たち
汗が吹き出た


20180818019.jpg        20180818020.jpg        20180818021.jpg

明善寺さんも人通りが少ない
今日辺りはイタリアの観光客が多いとか
ヨーロッパはバカンスの季節らしい
稲が好い色になってきていた


20180818022.jpg        20180818023.jpg        20180818024.jpg

カン町も人通りが少ない
夕方だったから余計にそう感じたのかな
空には秋の雲がゆっくりと流れていった


20180818025.jpg        20180818026.jpg        20180818027.jpg

翌19日早朝
村には霧が立ち込めていた
好きな景色だった
周りの山々に霧が掛かり
合掌はまだ眠っているようだった


20180818028.jpg        20180818029.jpg        20180818030.jpg

こんなに静かな村も久しぶりだった
涼しくって、冷えた空気が肺を洗ってくれているようだった
たまにすれ違うのは朝の早いおばさんたち
気持ちがいい!!


20180818031.jpg        20180818032.jpg          20180818033.jpg

霧も徐々に上がって行き
空の中へ溶けていった
村が目覚める時間になった


20180818034.jpg        20180818035.jpg        20180818036.jpg

朝霧が消えて青空が広がった
青い空に秋雲が筋を引いていた
今日も好い天気になりそうだった


20180818037.jpg        20180818038.jpg          20180818039.jpg

和田家の畑の柿の木のところに
山葡萄(?)がたわわに実を着けていた
まだ青かったが間もなく熟すだろう


20180818040.jpg          20180818041.jpg          20180818042.jpg

お日様3題
山の端から顔を出したお日様は
田圃の稲に光のシャワーを浴びせ
池の水を温ませ
ヒマワリのはるか上の空を巡ってゆく


20180818043.jpg         20180818044.jpg        20180818045.jpg

お日様が本気出すと暑い
下ゴソへの道のりで一汗かいた
下ゴソは落ち着いた地区だ
観光の人でここまで来る人は少ない


20180818046.jpg        20180818047.jpg        20180818048.jpg

下ゴソではコスモスが盛りであった
下ゴソはコスモスが好く似合う


20180818049.jpg          20180818050.jpg          20180818051.jpg

勢いを買って展望台まで歩いた
朝とは言え日向は暑い
月見草、ヒマワリ、コスモスの3連打


20180818052.jpg        20180818053.jpg        20180818054.jpg

展望台で一服して、和田家の方に下った
和田家の前の田圃は好い色してた
今年も豊作、間違いなし!


20180818055.jpg        20180818057.jpg          20180818056.jpg

和田家を後にして
明善寺さんの方へ歩いていった
そろそろ人が出てくる時間であった
タチアオイが紫や白でお客様を楽しませる


20180818058.jpg        20180818059.jpg        20180818060.jpg

最期に明善寺さんの庫裏と
まもなく刈り入れと言う田圃の稲を
ローアングルから撮って終了した



ユーチューブ
20180818白川郷 夏と秋の間で

スポンサーサイト



2018年8月14日・15日 乗鞍高原 星空と高原逍遥


ユーチューブ
乗鞍高原 星空と高原逍遥

20180814・15乗鞍高原 星と高原

2018年8月14日・15日
乗鞍高原で星空を写そうと出かけていった
折からの台風の影響で曇り空だったが
15日午前2時頃から雲がとれてきた
さそり座やいて座は既に沈んでしまったが
かろうじて織姫・彦星は山の上に輝いていた


20180814001.jpg          20180814002.jpg            20180814003.jpg

ちょうど白鳥座が山の端に突き刺さるような感じだった
東の山の端からオリオン座が昇ってきた
頭の上は秋の星座がちりばめられていた


20180814004.jpg        20180814005.jpg        20180814006.jpg

オリオン座が朝ぼらけの中、静かに昇ってきて
朝の明かりの海に溶けてゆく
今日の始まりを告げる光景だった


20180814007.jpg        20180814008.jpg        20180814009.jpg

夜明けのオリオン座を写したあと                
朝食をとり、ひと眠りした
目覚めたら午前7時前
朝の散歩に出かけた
山は昨日と同じ、山頂部に雲が掛かっていた 
  

20180814010.jpg        20180814011.jpg        20180814012.jpg

元牧場であった高原には
秋の花が彩りを添えていた
萩の花がひときわ目をひいた


20180814013.jpg          20180814014.jpg          20180814015.jpg

高原の中を流れる小川の
瀬音が朝の空気の中で心地よかった
いかにも高原逍遥である
懐かしい白樺の木々と挨拶を交わした


  20180814016.jpg            20180814017.jpg            20180814018.jpg

暑い、暑いと言っても立秋過ぎである
秋はそっと、しかし確実に高原に忍び寄っていた
朝露を踏みながら草原を歩いた
山は段々雲に隠れていった


  20180814019.jpg             20180814020.jpg            20180814021.jpg

小川の風景3題
水の語る物語にしばし耳を傾けた
乗鞍に降った雨は高原を潤し
集まって山を削る谷川となって
梓川に合流して日本海を目指す
この高原で雨は水となり長旅を始めるのだ


20180814022.jpg          20180814023.jpg          20180814024.jpg

もうナナカマドの葉が色付いていた        
高原は緑一色に見えるが
仔細に見れば秋色が見られるものだ


20180814025.jpg          20180814026.jpg          20180814027.jpg

白樺を見るとなんだか幸せな気分になる
昔から憧れていた高原というものの象徴なんです
 

  20180814028.jpg            20180814029.jpg          20180814030.jpg

元牧草地だった草原にある轍
その脇に咲く夏の草花
月見草のなんとかショウマ
夏もまだ居残っていた


ユーチューブ
乗鞍高原 星空と高原逍遥

20180814・15乗鞍高原 星と高原

木曽駒ケ岳 バテながらも登頂!

YOUTUBE
20180804木曽駒ケ岳登山


2018年8月4日・5日で木曽駒ケ岳に登った
もちろん千畳敷まではロープウェイを使った
本来なら花の季節なのだが
今年はやたら早く咲いてしまっていた
もう目立った花はなく、寂しい千畳敷だった
でもまあ、天気も好く恵まれた山行だった


20180804001.jpg         20180804002.jpg          20180804003.jpg

チングルマは既に綿毛になっていた
花の咲いた時は綺麗だったろうに・・・
陽射しが強い!


  20180804005.jpg          20180804004.jpg        20180804006.jpg

左からオミナエシ、母子草、トウヤクリンドウ

20180804007.jpg          20180804008.jpg          20180804009.jpg

イワツメクサ、水に映る宝剣岳

20180804010.jpg          20180804011.jpg          20180804012.jpg

さて、胸突き八丁の登りにはいります
途中でダウン
若者に応援して貰いました


20180804013.jpg          20180804014.jpg          20180804015.jpg

この撮影後40分くらい登ってダウンしました
熱中症状態なのか
睡眠不足のための症状か
いずれにせよ体力減退である
谷底からガスが沸いてきました


20180804016.jpg        20180804017.jpg        20180804018.jpg

稜線に出ると夏が待っていました
夏の雲がモクモクと尾根のむこうに湧き上がります
反対側の谷からはガスが昇ってきます
さすが3000m級の山です


20180804019.jpg          20180804020.jpg          20180804021.jpg

駒ケ岳頂上小屋に着いて一服の後
登頂すべくカメラ一丁で小屋をでた
木曽駒頂上には神社が二つある
木曽側のそれと、伊那側のそれである
よれよれの鳥居のある方が木曽の神社である
伊那の神社の賽銭箱は大きくって新しかった


20180804022.jpg        20180804023.jpg        20180804024.jpg

御嶽山に沈む夕日である
綺麗でした。感動的シーンでした
中岳の巻き道を少し上がった所からです


20180804025.jpg        20180804026.jpg        20180804027.jpg

夕日が沈んだ直後の夕焼けが好かったです
背後の中岳の向こうには大きなかなとこ雲が
被いかぶさってきた
夕日に焼けた色で不気味なまでに美しい


20180805028.jpg        20180805029.jpg        20180805030.jpg

翌朝
日の出が見られるかどうか
東にある南アルプスは雲の中であった
南アルプスからの日の出は諦めて
雲間に昇るお日様を待っていた
お日様は期待通り低い雲の上に
眩しい姿を見せてくれた
時折辺りを包む霧が
日の光を受けて黄金色に輝く
今日が始まった瞬間であった


20180805031.jpg        20180805032.jpg        20180805033.jpg

相変わらずこの鞍部には
木曽谷から霧が湧きあがってきていた
もしやと思い木曽谷側に走ってゆくと
阿弥陀様が待っておられた
ご来迎(ブロッケン)である
思わず合掌!

木曽駒も中岳も薄い霧のベールを纏い
朝日の中で静かに佇んでいた


20180805034.jpg        20180805035.jpg        20180805036.jpg

三の沢岳も目覚めた
朝7時半、下山にかかる
辺りには光が溢れてきた


20180805037.jpg          20180805038.jpg          20180805039.jpg

天狗岩3題
宝剣山荘の裏手から見ると
三の沢岳と天狗岩
手前にイワツメクサを入れて
そして、宝剣岳、天狗岩、三の沢の揃い踏み


20180805040.jpg          20180805041.jpg          20180805042.jpg

稜線での撮影を堪能して
胸突き八丁を下った
とんでもない人混みであった
早々にロープウェイの人となり
千畳敷を後にした



YOUTUBE
20180804木曽駒ケ岳登山

プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR