FC2ブログ

2019年6月4日 福井県勝山市 県立恐竜博物館と苔寺平泉寺


YOUTUBE
20190604 恐竜博物館、平泉寺

2019年6月4日 晴れ
福井県は勝山市の県立恐竜博物館と
近くの苔寺として有名な平泉寺に行って来た
実物大の展示物は迫力がありましたよ


IMGP1140.jpg        IMGP1141_20190608161533b44.jpg        IMGP1145_20190608161533111.jpg


先ずはレインボウザウルスのお出迎え
身の丈15mくらいかな
館内は、白い壁。いきなり地下3階へ


IMGP1158.jpg        IMGP1159.jpg        IMGP1160.jpg

エスカレーターで下って地下3階へ
エスカレーターを降りてまっすぐトンネルを進む
トンネルを抜けると広い空間にでる
その中央で動く恐竜様のお出迎え。
けっこうこれが迫力があった


IMGP1164_20190608161539d04.jpg        IMGP1165_201906081615407e0.jpg        IMGP1170_20190608161542ea9.jpg

周囲に骨格標本(レプリカ)が所狭しと展示されていた
どれも懐かしい姿である
やっぱりティラノザウルスの骨格は迫力があった
肉食恐竜は強そうだ


IMGP1183.jpg        IMGP1195.jpg          IMGP1197.jpg

左のは館内の草食恐竜の模型
小型の肉食恐竜に襲われているシーンです
これも動くんですよ
真ん中と右は外にあった遊具
小さいのは背中に乗っての遊び用
右の大きいのは滑り台になっていた
(雷竜、ブロントザウルスです)


IMGP1210_20190608161548165.jpg        IMGP1211_201906081615508cc.jpg        IMGP1216.jpg

IMGP1218_20190608161553ca6.jpg        IMGP1221.jpg        IMGP1223.jpg

IMGP1227.jpg        IMGP1233_20190608161559551.jpg        IMGP1235.jpg

  IMGP1237.jpg          IMGP1239.jpg        IMGP1243.jpg

IMGP1250.jpg        IMGP1253_20190608161710222.jpg        IMGP1255.jpg

IMGP1256.jpg        IMGP1263.jpg        IMGP1266_201906081617158f4.jpg

IMGP1267.jpg        IMGP1269.jpg

これは隣接する施設での恐竜さん
森の中に造られた遊歩道を進んでゆくと
木々の間に恐竜さんたちが蠢いている
咆哮を上げ、首を振り、口を開閉する
センサーで人を感知して動きます
たくさんの恐竜さんの名前は覚えられませんでした


IMGP1274.jpg        IMGP1283_20190608161721e34.jpg        IMGP1289.jpg

興奮しながら平泉寺へ
恐竜博物館の興奮が静けさの中へ吸い込まれてゆきます
苔の緑が美しいお寺、というか神社です 
神仏混交時代の名残だそうです
夕方だったので静かでした


IMGP1291.jpg        IMGP1295_20190608161726d76.jpg        IMGP1297.jpg

深閑とした境内や参道
どう見てもここにヒグラシの泣き声が欲しいとこだ
しかし季節はまだ6月、梅雨前だ
永平寺とセットで訪れるのがベストかな

YOUTUBE
20190604 恐竜博物館、平泉寺

スポンサーサイト



2019年5月30日 静岡県掛川市の名所と浜岡砂丘

YOUTUBE
20190530 掛川市と浜岡砂丘

2019年5月30日
友人らと掛川駅南口で午前10時に待ち合わせて
市内の名所3ヶ所と浜岡の砂丘を見に出かけた


IMGP0898.jpg        IMGP0903.jpg        IMGP0912.jpg

蓬莱橋、世界一の木造橋で、長さ897.4m
橋の上から富士山が見えるそうだが
今回は夏雲に隠れていた
時代劇によく使われる橋で有名です


IMGP0915.jpg        IMGP0920_20190602153420294.jpg        IMGP0921.jpg
 
橋の対岸に渡ると展望台があり
木の間から蓬莱橋を見下ろすことができる
展望台の周辺は散歩道になっていて
いろんな神様が祭られている
橋の袂には久角栄太郎氏の
「ひとりきりの観光協会」なるお店がある
楽しい気さくなおじさんであった


IMGP0925.jpg        IMGP0932_20190602153425d08.jpg

橋の入り口付近にはギネス認定板が飾ってあった
橋でけっこう時間をとってしまい、お昼近くになってしまった
ランチタイムをとるため「茶の都ミュージアム」なる
お茶の博物館へいった
お茶畑の中に建つしゃれた建物であった


IMGP0933.jpg        IMGP0938.jpg        IMGP0945.jpg

ここでランチをとり、館内を見学し
締めにお茶アイスのデザートを食べた
やっぱり静岡はお茶ですねえ


IMGP0956.jpg        IMGP0957.jpg        IMGP0959_2019060215343416d.jpg

次なる名所は「子生まれ石」
川の両側が崖になっていて
そこから丸い岩が顔を出している
言い伝えでは、下流のお寺の住職が亡くなると
ここの石(岩)がポロリと落ちるそうです
その石を墓石として寺に祀ってある
今は安産成就を祈願する場所として
知る人ぞ知る場所になっているらしい


   IMGP0989_20190602153435a45.jpg          IMGP0993.jpg        IMGP0996.jpg

次の訪問地は浜岡砂丘
浜岡砂丘は風紋で有名である
本来は冬の風物であるらしいが
贅沢言わなければ強風の吹いた後なら
いつでも見られる
いつ見てもこの模様には感動を覚える


IMGP1046.jpg        IMGP1052_20190602153441dde.jpg        IMGP1064.jpg

日もだいぶ西へ傾いていた
引き波の痕が波打ち際に残っていた
太平洋の荒々しい波の頭が夕日に輝やいていた
  


IMGP1065.jpg        IMGP1067_20190602153534fa8.jpg        IMGP1068.jpg

風吹きて 寄せては返す 灘の荒波

IMGP1087_201906021535374a4.jpg        IMGP1118.jpg        IMGP1127.jpg

波打ち際に押し寄せた波が
夕日を受けて光っていた
誰が書いたか大きな落書きも
明日の朝には消えちゃうだろうね


IMGP1129.jpg        IMGP1134.jpg        IMGP1138.jpg

風力発電機の向こうに日が沈もうと
慌てて準備をしているようだ
坊やとママが夕方の散歩に砂丘を登っていった


YOUTUBE
20190530 掛川市と浜岡砂丘
プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR