FC2ブログ

2019年6月20日~27日 スイスアルプスツアーⅣ グリンデルワルド、ユングフラウヨッホ

YOUTUBE
20190620~27 グリンデルワルド、ユングフラウ

2019年6月20日~27日
スイスアルプスツアーに参加した
憧れのスイスも最後の訪問地グリンデルワルドに向かいます


IMGP2830.jpg        IMGP2837.jpg        IMGP2841_20190711222017fb7.jpg

さて、シャモニーを後にした我々は再び国境を越えスイス領へ
レマン湖畔を走り、首都ベルンをかすめてグリンデルワルドへ
今日も天気が好い。
ベルンの中心を越えて郊外の長閑な景色が広がったとき
はるか丘の向こうに白い山並みが見えた
ユングフラウ山群だった
添乗員さんもベルンからユングフラウを見るのは初めてだと仰っていた


IMGP2855.jpg        IMGP2866.jpg        IMGP2896.jpg

バスは谷間を走り、ひたすら山の中へ
周囲が明るくなって、長閑な景色になると
そこはもうグリンデルワルドだった
進行右手にはアイガーの北壁が手招きしている

ホテルに入って部屋のカーテンを開けると
目の前にアイガーがドーンと座ってこっちを見ていた
マウンテンビューの部屋のベランダから
夕日に仄かに染まるアイガーや岩尾根を写した


IMGP2938.jpg        IMGP2955.jpg        IMGP2958.jpg

IMGP2973.jpg        IMGP2991_201907112220295e0.jpg        IMGP2999.jpg

IMGP3000.jpg        IMGP3004.jpg

翌六日目
この日もピーカンの好い天気だった
アイガーのモルゲンロート
目を覚ましてゆく山々
グリンデルワルドの谷にはまだ朝は着ていない
朝はヴェッターホルンの向こうに待機している


  IMGP3011_20190711222035d07.jpg          IMGP3012.jpg        IMGP3013.jpg

IMGP3014.jpg          IMGP3015.jpg          IMGP3017.jpg

IMGP3018.jpg        IMGP3019.jpg        IMGP3021.jpg

ようやく陽の差し込んできた町を
駅に向かって歩き出す
駅の手前の広場にはアイガーのヴューポイントがあった
皆さん、ここで記念写真を撮られるようだ


IMGP3025_20190711222153c19.jpg        IMGP3045.jpg        IMGP3048.jpg

IMGP3052.jpg        IMGP3056.jpg        IMGP3069.jpg

グリンデルワルドの駅からユングフラウ鉄道に乗って
ユングフラウヨッホに向かう
鉄道駅としてはヨーロッパ最高地にある駅だそうだ
緑の草原、万年雪を被った山、今にも崩れ落ちそうな氷河
そしてそれらに抱かれるような箱庭みたいな村
スイスのイメージがそこにあった


IMGP3070.jpg        IMGP3071.jpg        IMGP3073.jpg

ユングフラウヨッホ駅の手前に
アイスメーアという駅がある
ここは岩をくりぬいて、ご丁寧に窓まで作ってある
外には出られないから、駅というより
観光用の停車場である
この窓からアイガー氷河が一望できる
もう、手の届きそうなところで氷河が生まれている


IMGP3079.jpg        IMGP3083_20190711222208a6d.jpg        IMGP3096.jpg

IMGP3106.jpg        IMGP3100_20190711222212539.jpg        IMGP3101.jpg

ヨッホ駅に着いて一通りの説明を聞いて
はやる気持ちを抑えつつスフィンクス展望台に上がる
そこで待っていた光景は
世界遺産のアレッチ氷河
谷が氷で埋められて、しかもズーっと流れているなんて
信じられないくらいのスケールである
そして、手の届きそうなところに
ユングフラウ、反対側にメンヒが聳えている
楽ちんして北岳や穂高よりも高い所にきて
富士山よりも高い4000m峰を見ている


IMGP3111.jpg        IMGP3112.jpg          IMGP3123.jpg

IMGP3127.jpg        IMGP3129.jpg        IMGP3131_20190711222415194.jpg

ユングフラウヨッホには観光ルートが設けられている
アルパインセンセーションで光のショーが見られ
進んで行くと氷の中に(?)美しいアルプスの風景絵画やら
アルプス開拓時代のセピア色の写真やらが展示されている
なおも進むと氷の彫像が展示されている
氷のトンネルを抜けると・・・・・


IMGP3153.jpg        IMGP3173.jpg        

氷のトンネルを抜けるとそこは雪の広場
久しぶりに歩いた雪の感触、気持ちよかった!
スフィンクス展望台がツンとした感じで聳えている
アレッチ氷河がすぐ足元から始まっている
ここはユングフラウとメンヒとの間のコルですね


IMGP3183.jpg        IMGP3200.jpg        IMGP3203.jpg

IMGP3217.jpg        IMGP3221_20190711222425dc9.jpg        IMGP3229_20190711222427215.jpg

ユングフラウヨッホを終わってクライネシャイデックまで下る
ここでお昼休み
のんびり昼飯なんぞ食べてられない
カメラを持って駅の前まで飛び出す
山と列車の写真を撮りに
定番と言えば定番ですが、ぜひ押さえておきたいシーンですね


IMGP3230.jpg        IMGP3237.jpg        IMGP3241.jpg

IMGP3248.jpg        IMGP3249.jpg        IMGP3250.jpg

今回のハイキングはアルピグレンから
いかにも長閑なスイスの農村の郊外というところを
のんびりと下ってゆく
高山植物がたくさん咲いていたが
まだ最盛期ではないとのこと 


IMGP3254.jpg        IMGP3279.jpg        IMGP3283.jpg

IMGP3288.jpg        IMGP3301.jpg        IMGP3302.jpg

ここら辺の草原は牧草地とのこと
つまり放牧場と言うこと
こんな所でお昼寝したら心地よいだろうとは
決して思わないように
1時間ちょっとの下りハイキングで一汗流して
ブランデグから再び列車に乗って下山した


IMGP3306.jpg        IMGP3307.jpg        IMGP3310.jpg

左からアイガー、ヴェッターホルン、間に挟まったシュレックホルン

IMGP3316.jpg          IMGP3325.jpg          IMGP3336.jpg

夕食後、まだ外は明るかったので
腹ごなしの散歩に出た
最後の夜だからと言うのもあって
村はずれの教会まで歩いていった
静かな夕暮れだった
お天気山ヴェッターホルンがアーヴェントロートに
そのゴツゴツした岩肌を染め
教会の後ろで存在感を示していた
時間が止まっているようだった


IMGP3353.jpg

7日目の早朝
スイス最後の朝
アイガーはモルゲンロートで送ってくれた

終わり


YOUTUBE
20190620~27 グリンデルワルド、ユングフラウ


スポンサーサイト



2019年6月20日~27日 スイスアルプスツアーⅢ シャモニー、モンブラン、プレヴァン展望台

YOUTUBE
20190620~27 シャモニー・モンブラン

さて、5日目、ツェルマットを出発してテーシュでバスに乗り換えて
一路シャモニー目指して国道を走る
風光明媚なスイスを走ってはいるが
4000m級の山の景色を見てきた目には
氷河や雪山がないと物足りなさを感じる


IMGP2507.jpg        IMGP2559.jpg        IMGP2523.jpg

シオンの町の象徴である丘の上に建つ礼拝堂と城
ヴァレールとトゥルビヨン
ちょっと興味を引かれた


IMGP2601.jpg        IMGP2600.jpg        IMGP2603.jpg

IMGP2606.jpg        IMGP2607.jpg        IMGP2611_20190711171240717.jpg

そうこうしているうちに
国境を越えてフランス領へ
針のような岩の列が見えたらシャモニーだった
そして、その奥にアルプスの主がいた
氷河を抱き、真っ白なその姿で鎮座していた
モン・ブランである


  IMGP2612.jpg          IMGP2615_20190711171243b80.jpg        IMGP2616.jpg

  IMGP2622.jpg          IMGP2626_20190711171247df0.jpg        IMGP2629.jpg

IMGP2630.jpg        IMGP2632.jpg        IMGP2636.jpg

プレヴァン展望台からの光景です
ちょっと霞がかかっていて残念ですが
主峰モンブランとボソン氷河を正面にみて
やれ、エギーユ・ディ・ミディだ、グランドジョラスだのと
何やかやと忙しい
ボソン氷河が今にも崩れてシャモニーを襲いそうな様子が好い
モンブランがもう少し尖っていると好いけどなあ


IMGP2637.jpg          IMGP2641.jpg          IMGP2649.jpg

IMGP2655_2019071117152166d.jpg        IMGP2670.jpg        

昔、ロッククライミングのガイドさんのドキュメンタリー映画があった
「星にのばされたザイル」
ガストンレヴィファの詩的ドキュメンタリーだった
シャモニー針峰群を目の当たりにして 
その映画のシーンの数々を思い出していた

私のアルプスの心象は
広々とした草原、万年雪の4000m峰、氷河
というのがひとつ
もうひとつが垂直な岩壁、足のはるか下には
小さく見える谷間の村


IMGP2677.jpg        IMGP2689_2019071117152445d.jpg        IMGP2694.jpg

IMGP2708.jpg        IMGP2700_201907111715278c3.jpg        IMGP2701.jpg

周りには気持ちをムズムズさせる山々が
早く来いと呼んでいるように感じた


IMGP2708.jpg        IMGP2710.jpg        IMGP2711_20190711171533600.jpg

パラグライダーがたくさん飛んでいた
モンブランの上くらいまで上がっているのも見受けられた
気持ち好いだろうな、浮いてる間は。


IMGP2714.jpg        IMGP2718.jpg        IMGP2725_2019071117153852b.jpg

IMGP2726.jpg        IMGP2734.jpg        IMGP2737.jpg

ロープウェイとゴンドラの中継点プランプラで少し写真タイム
ダン・デュ・ジュアンが素晴らしい


IMGP2740.jpg        IMGP2746_2019071117154526c.jpg        IMGP2751.jpg

IMGP2752.jpg        IMGP2755.jpg        IMGP2756_20190711172115faf.jpg

IMGP2758.jpg

ぶじシャモニーに下りてきた
振り返ればシャモニー針峰群が見下ろしていた


IMGP2762.jpg        IMGP2765.jpg        IMGP2770.jpg

IMGP2772_20190711172122144.jpg        IMGP2773.jpg        IMGP2777.jpg

シャモニーモンブランの町は落ち着いた綺麗な町だ
建物の色が明るいせいか清潔感がある
ここでピッケルを買いたかったが
当然そんな探してる時間もなかった


  IMGP2778.jpg          IMGP2782.jpg        IMGP2783.jpg

町の中央広場にあるブロンズ像
登山者とガイドがみているピークがモンブラン
真後ろから見ると、ガイドの指さす先にピークがある


IMGP2787.jpg        IMGP2790.jpg          IMGP2793.jpg

IMGP2795.jpg          IMGP2798.jpg

IMGP2808.jpg        IMGP2810.jpg

シャモニーの町とモンブラン山群
建物の上に山が乗っている
永遠の白き山 モン・ブラン
氷河が造った針の山々
アルプスのシンボリックな山の姿を
心に留めバスに乗り込んだ

次は最後の訪問地グリンデルワルドだ
山はどんな顔をして向かえてくれるのか


つづく


YOUTUBE
20190620~27 シャモニー・モンブラン

2019年6月20日~27日 スイスアルプスツアーⅡ ツェルマット、マッターホルン、ゴルナーグラード

YOUTUBE
20190620~27 ツェルマット、マッターホルン

2019年6月20日~27日でスイスアルプスツアーに参加した
第2章はいよいよマッターホルンの登場である
小雨のサンモリッツを氷河特急でクールに向かった
天気予報では行程中ず~っと曇りとか雨らしい


IMGP1799.jpg        IMGP1825_201907102203533e0.jpg        IMGP1831.jpg

IMGP1837.jpg        IMGP1844.jpg        IMGP1853.jpg

クールに着く前にランドバッサー橋を通るが
あっという間に過ぎてしまって写真に撮れなかった
と言うことで我々はクールでバスに乗り換えて
氷河特急と平行して峠への道を登って行く
  

IMGP1870_20190710220359c4c.jpg       IMGP1872.jpg        IMGP1873_20190710220402370.jpg

IMGP1879_201907102204043d2.jpg        IMGP1887_20190710220405fb2.jpg        IMGP1895_20190710220407b68.jpg

ローヌ川の源流、ローヌ氷河である
線路が敷かれたころは
氷河が深い谷を埋めていたそうな
しかし、どんどん後退してゆき
今や、氷河も風前の灯状態
氷河特急と言う名は、この氷河を見るために名付けられた


IMGP1923.jpg        IMGP1928.jpg        IMGP1930.jpg

IMGP1931_201907102204138fd.jpg        IMGP1932.jpg        IMGP1940.jpg
        
  IMGP1946.jpg          IMGP1951.jpg        IMGP1958.jpg

テーシュで列車に乗り換えてツェルマットへ
ツェルマットはガソリン車の乗り入れを禁止している
その徹底振りはスイスですね
ツェルマットのメインストリートを歩いていると
カトマンズの街中を思い出した
あれほどゴチャゴチャとはしてないものの
なんだか造りが似ている気がした


IMGP1962.jpg        IMGP1981.jpg        IMGP1988_20190710220532946.jpg

夕暮れ時、雲に隠れていたマッターホルンが
一瞬、その姿をみせた
マッターホルンの第一印象は「大きい!」
このときの空の様子から
明日は晴れると確信した
天気予報は曇りだが・・・


IMGP2021_20190710220533aad.jpg        IMGP2026_20190710220535d43.jpg        IMGP2035_2019071022053655a.jpg

明けて4日目
朝からドピーカンの空
綺麗にマッターホルンの山頂が色付いた


IMGP2124.jpg        IMGP2135.jpg        IMGP2139.jpg

IMGP2144.jpg          IMGP2146_201907102205447ef.jpg            IMGP2147_20190710220545a8d.jpg
          
IMGP2152_201907102205476d9.jpg        IMGP2155_2019071022054869f.jpg        IMGP2157_20190710220550aac.jpg

朝食後、ゴルナーグラード登山鉄道で
ゴルナーグラード展望台へ上がった   
素晴らしい展望だった
盟主マッターホルンは堂々と聳えている  
ブライトホルンだ、モンテローザだと居並ぶ
4000m峰の大きさに圧倒されつつ、撮影に忙しい
氷河も大迫力で目の上から下へ流れてゆく


IMGP2162_20190710220551c39.jpg        IMGP2163.jpg        IMGP2167_20190710220554fcd.jpg

  IMGP2172.jpg          IMGP2174.jpg        IMGP2176.jpg

IMGP2178.jpg        IMGP2183_201907102207337aa.jpg        IMGP2186.jpg

シャッター切りまくり状態だった
ファインダーから目が離せない


  IMGP2206.jpg          IMGP2219.jpg        IMGP2224.jpg

IMGP2233.jpg        IMGP2241.jpg

初めての所で天気に恵まれると
こんな精神状態になるのは私だけでしょうか?
こんなに素晴らしい景色に
こんなに楽して触れることが出来る幸せ
幸福感いっぱい!


IMGP2251.jpg        IMGP2263_2019071022074590f.jpg          IMGP2267_201907102207471cb.jpg

IMGP2275.jpg        IMGP2279.jpg        IMGP2308.jpg

下山時、道の脇に咲いてた花たちです
健気に一生懸命咲いています
がんばれ~!って声をかけたくなります


IMGP2316_2019071022075395b.jpg          IMGP2324_20190710220754ac4.jpg          IMGP2330_20190710220756921.jpg 

ツェルマットに降りてきた後
フリータイムになったので
有志を募ってスネガ展望台まで遊びにいった
町から近いし、展望もグッドである
マッターホルンが一番かっこよく見える所だそうだ
尾根が正面に見えて実に均整のとれた姿だった
残念ながら池には映りこまなかった


IMGP2342.jpg        IMGP2345_20190710220839ffb.jpg

IMGP2353.jpg          IMGP2361.jpg

展望台のテラスで冷たいものを飲み
もちろん盟主と対座しながら 
みんなでワイワイやって下ってきた
夕方、アーヴェントロートを待っていたが
この日は染まらなかった


IMGP2420.jpg        IMGP2429.jpg        IMGP2443.jpg

ツェルマットを去る朝のモルゲンロート
もう2~3日滞在してあっちこっち行ってみたかった  
ツアーの悲しいところだ
マッターホルンに別れを惜しみつつ
シャモニーに向けて出発した



YOUTUBE
20190620~27 ツェルマット、マッターホルン

20190620~27 スイスアルプスツアーⅠ サンモリッツ、ディアポレッツア


YOU TUBE
20190620~27 サンモリッツ、ディアポレッツア展望台

2019年6月20日~27日で
スイスアルプスツアーに参加した
フィンランド航空でヘルシンキ乗り継ぎで
チューリッヒからスイス入り
その日のうちにサンモリッツへ
深夜、といっても現地時間23:00ホテル着

翌朝、朝食前にサンモリッツの町を散策


IMGP1330_20190709224424f81.jpg        IMGP1332.jpg        IMGP1344.jpg

IMGP1348.jpg        IMGP1356.jpg          IMGP1358_20190709224431704.jpg

味わいのある建物が目にうつる
このときは晴れていた。
周りの山々も綺麗に見えていた

        
IMGP1361_20190709224432af7.jpg        IMGP1369.jpg        IMGP1372.jpg

IMGP1380.jpg          IMGP1383.jpg          IMGP1410.jpg
 
サンモリッツ湖畔に大きな教会があった
四方から撮影してみた
サンモリッツ、結構な歴史を持っているようだ


IMGP1428.jpg        IMGP1429.jpg        IMGP1431.jpg

IMGP1452.jpg        IMGP1453.jpg          IMGP1455.jpg

そうこうしているうちに
朝が街中まで降りてきた
しゃれたホテルが多い


IMGP1463.jpg          IMGP1466.jpg          IMGP1471.jpg

バード地区でひときわ大きなホテル
超高級ホテルです
なんと、カジノまであります



IMGP1485.jpg        IMGP1486.jpg        IMGP1492.jpg

朝食をとったあと、駅に向かいレーティッシュ鉄道ベルニナ線に乗車
ディアポレッツア駅に着きました
ここからロープウェイでディアポレッツア展望台へ


IMGP1498.jpg        IMGP1502_201907092246509a7.jpg        IMGP1506.jpg

IMGP1508.jpg        IMGP1511.jpg        IMGP1515_201907092246550ba.jpg

IMGP1517.jpg        IMGP1537.jpg        IMGP1539.jpg

展望台に着いて建物か外に出れば
そこにはモノトーンの世界が・・・
しかもピークは雲の中
なんてことだ、写真にならない
と言いつつも、氷河はよかった
まあ、適当に撮って終了


IMGP1564_20190709224701307.jpg          IMGP1568_201907092247034bc.jpg

再びベルニナ線の列車に乗って
イタリア領ティラーノに向かう
この鉄道、サンモリッツは標高1775m
最高地点が2253mオスピツィオ
そして終点ティラーノは429m
なんと1800mの高度差を下ってゆく


IMGP1579.jpg        IMGP1581.jpg        

IMGP1585_2019070922470773a.jpg        IMGP1626.jpg

カーブの連続で
実にとんでもないところに線路が通っている
この駅で上りと下りのすれ違いだ
鉄道好きには堪らないかも


IMGP1638_20190709224845eca.jpg        IMGP1640_20190709224847a21.jpg

IMGP1644.jpg        IMGP1654_2019070922484878b.jpg

ベルニナ線の名物、ループ橋だ
なかなか撮影が難しい
でも何とからしく撮れたかな
ほんとに撮るのなら、乗っていてはダメですね


IMGP1660.jpg

ループ橋から程なくしてイタリア領に入り
終点ティラーノに到着
待機していたバスに乗ってサンモリッツへ帰った


IMGP1769.jpg        IMGP1777.jpg          IMGP1781.jpg

IMGP1786.jpg        IMGP1787.jpg        IMGP1789_20190709224859798.jpg

スイス三日目
小雨の降る中、早朝のサンモリッツ駅にいた
氷河特急に乗車するためだ
世界一おそい特急列車だそうだ
7:02発の氷河特急でクールまで行く
そこでバスに乗り換えてツェルマットを目指します
続く!!


YOU TUBE
20190620~27 サンモリッツ、ディアポレッツア展望台



プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR