氷の造形、冬景色

あけまして おめでとう ございます
本年もお付き合いのほどよろしくお願いいたします

2015年1月2日
雪模様の雲行きにもめげず
氷の造形を探して
南信はずれの根羽村へと
車を走らせた

IMGP1296a.jpg        IMGP1314a.jpg        IMGP1326a.jpg

正月2日の雪模様
こんな日には訪れる人もいないであろうと
じっくり自然と対話するつもりだった

IMGP1333a.jpg        IMGP1336a.jpg        IMGP1400a.jpg

冬の造形、とりわけ谷川に出来る
氷の造形には心惹かれるものがある

IMGP1402a.jpg        IMGP1406a.jpg        IMGP1415a.jpg

寒さと岩と水が作り出す冬のアート
岩を覆う、水滴が凍りついたようなオブジェ

IMGP1421a.jpg        IMGP1432a.jpg        IMGP1434a.jpg

岩から垂れ下がる
槍にも似た造形物
突き刺さる寒さの象徴か?

IMGP1436a.jpg        IMGP1440a.jpg        IMGP1446a.jpg

冬の小戸名はモノトーンの世界
この造形も一日二日
寒気が緩むと消える

IMGP1452a.jpg        IMGP1454a.jpg        IMGP1458a.jpg

珍しい蓮の葉氷
入り江の氷が割れて
波に揺られてぶつかりあい
角がとれて丸くなる
ぶつかりあって周囲がまくれ上がり
そこに雪が乗って白い縁取りができる

IMGP1459a.jpg        IMGP1461a.jpg        IMGP1468a.jpg

何年か振りに冬の小戸名を訪れた
休みと寒波が折り合わない年が続いた

IMGP1472a.jpg        IMGP1474a.jpg        IMGP1478a.jpg

しかも温暖化である。
回数が減った気がする
今年はラッキーであったというべきか

IMGP1484a.jpg       IMGP1487a.jpg        IMGP1489a.jpg

この冷たい氷の世界
その中にあって
我が心に熱き奔流
などとかっこつけていたら
同好の氏、二人連れがきた
好き者は、やっぱ、いるもんですねえ

IMGP1490a.jpg        IMGP1494a.jpg

雪の降りが激しくなってきた
時計を見ると2時間たっていた

IMGP1496a.jpg        IMGP1500a.jpg

大雪と言っていい降り方である
この寒気も温暖化のせいとか
しかし、この正月、その寒気のおかげで
楽しいひと時を過ごせたのも事実である

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR