夏の涸沢 花紀行

2016年7月19日~22日
我がもうひとつのホームグラウンド涸沢へ
夏の花を写しに行った
去年までは中々行けなかった
花の季節に今年は行くことが出来た

今年は1週間から10日ほど
開花が早いようである

IMGP0303.jpg         IMGP0267.jpg         IMGP0275.jpg

涸沢街道の登りは
年々きつくなってゆく
きっと年と共に山が高くなっているに違いない
今回はずっと荷物を減らして登ってきた

陽射しが木の葉を透かして
この目を優しく通過してゆく
本谷を見晴らすガレ場を登山者が
汗を拭き拭きあがってくる

IMGP0282.jpg        IMGP0297.jpg        IMGP0313.jpg

涸沢も近づいてきた
前穂、吊り尾根、北尾根、奥穂、涸沢岳と
一万尺の山々が手を振る

IMGP0336.jpg        IMGP0337.jpg        

Sガレの流れの脇にある
チングルマの群落を撮影する
この可憐な白い花にはファンも多い

IMGP0343.jpg            IMGP0373_201607241240050ec.jpg

ナナカマドの花とニッコウキスゲ
ナナカマドはSガレの下の方では
もう実になっていた 
ニッコウキスゲは涸沢小屋あたりで満開であった

IMGP0379.jpg        IMGP0460.jpg        IMGP0405.jpg

北穂沢を30~40分ほど上がった所
名前の解らない花が存在感を示していた
ナナカマドは何知らぬ顔で風に揺れていた
本当ならここにコバイケイソウが満開のはずだったが・・・・

IMGP0437.jpg        IMGP0447.jpg        IMGP0464.jpg


涸沢小屋の向かって左側の斜面
ニッコウキスゲの群落になっていた
ザイテンに向かって登って行くと
石楠花が出迎えてくれる
そして、大岩の上ではチングルマが
所狭しといっぱい咲いていた

IMGP0495.jpg        IMGP0486.jpg

そこから雪渓をトラバースしてパノラマコースに出る
大きなお花畑が広がる
チングルマ、シナノキンバイ、ハクサンイチゲ等々
我先にと咲き競っている

IMGP0483.jpg        IMGP0503.jpg        IMGP0498.jpg

可愛い可憐な高山植物
しかし、この悪環境の中で
逞しく生きているのを見ると感動してしまう

IMGP0534.jpg        IMGP0527.jpg        IMGP0530.jpg

帰り道、Sガレで再び撮影した
ここで穂高ともお別れだ
水面の煌きさえも愛らしく感じられる
今回の山行であった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR