春は名のみ?の安曇野早春賦

2017年2月19日
唱歌「早春賦」の郷
安曇野に遊んだ


20170219_001        20170219_003        20170219_002

安曇野と言えば
先ずは常念道祖神様に
新年の挨拶に行かねばならぬ

まだ雪衣を纏った常念岳をバックに
一枚激撮
こんな畑の中の道の辻に
桜と一緒にあるんですよ
ちょっと斜めから有明山と
一枚ゲット!


20170219_004        20170219_005

東屋風のお堂?に納まりておわす
道祖神様です
こういうのが結構多い
影が落ちたりして写し難い


20170219_006        20170219_007        20170219_008

安曇野の里という
ドライブインだか道の駅だかに
車を止めて、散策開始

昨夜降った雪が畑や日陰に
まだ残っている
風は無いが、歩いて風を切ると
やっぱり空気が冷たい


20170219_009          20170219_010            20170219_011

等々力橋の欄干におわします
道祖神様
この次のそれも欄干に
おわすものです


  20170219_012            20170219_013          20170219_014

田園風景の中を流れる用水は
アルプスの雪解け水を
集めて流れる
静謐な青い水である
道はアルプスから里へと
ずーっと延びてきている


20170219_015          20170219_016          20170219_017

「水色の詩道祖神」です
NHKの朝ドラで有名になりました
木の陰にはまだ雪が残っています
背後には大きな桜の木
そして真っ白い常念岳
日は燦々と降り注ぐ


20170219_018        20170219_019        20170219_020

山からの水を利用して
山葵田があちこちにある
土手の陽だまりに春告草が
一面咲いて早い春を知らせていた
「大犬のふぐり」
この花が咲くと春の始まりを
おおいに感じるのです


20170219_021        20170219_022        20170219_023

「早春賦」の歌碑まできました
「春は名のみの風の寒さや
谷の鶯、歌わ想えど
時にあらずと声もたてず」
唱歌「早春賦」の世界を求めて
はるばる来たが、温かい
本物の春の陽気です
高瀬川の瀬音も
賑やかさを増しているようだ


20170219_024          20170219_025          20170219_026

広々した安曇野の田園風景
ここらは麦畑ひなったり
田圃になったりと
季節ごとに顔を変えます


20170219_027        20170219_028          20170219_029

ご存知!
山葵農園の脇の水車小屋
なるだけ今も使ってる風に
撮ってみましたが、どうかな?


中々素朴さを出すのが難しい

20170219_030        20170219_032        20170219_031

名産「安曇野山葵」の畑
大王わさび農園
山葵を使ったお土産とか売ってます
静岡のわさびと並んで
信州の山葵もいいですよ


20170219_033        20170219_034        20170219_035

とまあ、なんやかやとしておりますうち
近くの麦畑の緑が眩しくて
一枚カット!
温んだ水に光が遊んで
梅花藻も元気に揺れています
傾いた西日にアルプスは
シルエットになり
川面は春の眩しさが溢れていた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR