FC2ブログ

2019年6月20日~27日 スイスアルプスツアーⅢ シャモニー、モンブラン、プレヴァン展望台

YOUTUBE
20190620~27 シャモニー・モンブラン

さて、5日目、ツェルマットを出発してテーシュでバスに乗り換えて
一路シャモニー目指して国道を走る
風光明媚なスイスを走ってはいるが
4000m級の山の景色を見てきた目には
氷河や雪山がないと物足りなさを感じる


IMGP2507.jpg        IMGP2559.jpg        IMGP2523.jpg

シオンの町の象徴である丘の上に建つ礼拝堂と城
ヴァレールとトゥルビヨン
ちょっと興味を引かれた


IMGP2601.jpg        IMGP2600.jpg        IMGP2603.jpg

IMGP2606.jpg        IMGP2607.jpg        IMGP2611_20190711171240717.jpg

そうこうしているうちに
国境を越えてフランス領へ
針のような岩の列が見えたらシャモニーだった
そして、その奥にアルプスの主がいた
氷河を抱き、真っ白なその姿で鎮座していた
モン・ブランである


  IMGP2612.jpg          IMGP2615_20190711171243b80.jpg        IMGP2616.jpg

  IMGP2622.jpg          IMGP2626_20190711171247df0.jpg        IMGP2629.jpg

IMGP2630.jpg        IMGP2632.jpg        IMGP2636.jpg

プレヴァン展望台からの光景です
ちょっと霞がかかっていて残念ですが
主峰モンブランとボソン氷河を正面にみて
やれ、エギーユ・ディ・ミディだ、グランドジョラスだのと
何やかやと忙しい
ボソン氷河が今にも崩れてシャモニーを襲いそうな様子が好い
モンブランがもう少し尖っていると好いけどなあ


IMGP2637.jpg          IMGP2641.jpg          IMGP2649.jpg

IMGP2655_2019071117152166d.jpg        IMGP2670.jpg        

昔、ロッククライミングのガイドさんのドキュメンタリー映画があった
「星にのばされたザイル」
ガストンレヴィファの詩的ドキュメンタリーだった
シャモニー針峰群を目の当たりにして 
その映画のシーンの数々を思い出していた

私のアルプスの心象は
広々とした草原、万年雪の4000m峰、氷河
というのがひとつ
もうひとつが垂直な岩壁、足のはるか下には
小さく見える谷間の村


IMGP2677.jpg        IMGP2689_2019071117152445d.jpg        IMGP2694.jpg

IMGP2708.jpg        IMGP2700_201907111715278c3.jpg        IMGP2701.jpg

周りには気持ちをムズムズさせる山々が
早く来いと呼んでいるように感じた


IMGP2708.jpg        IMGP2710.jpg        IMGP2711_20190711171533600.jpg

パラグライダーがたくさん飛んでいた
モンブランの上くらいまで上がっているのも見受けられた
気持ち好いだろうな、浮いてる間は。


IMGP2714.jpg        IMGP2718.jpg        IMGP2725_2019071117153852b.jpg

IMGP2726.jpg        IMGP2734.jpg        IMGP2737.jpg

ロープウェイとゴンドラの中継点プランプラで少し写真タイム
ダン・デュ・ジュアンが素晴らしい


IMGP2740.jpg        IMGP2746_2019071117154526c.jpg        IMGP2751.jpg

IMGP2752.jpg        IMGP2755.jpg        IMGP2756_20190711172115faf.jpg

IMGP2758.jpg

ぶじシャモニーに下りてきた
振り返ればシャモニー針峰群が見下ろしていた


IMGP2762.jpg        IMGP2765.jpg        IMGP2770.jpg

IMGP2772_20190711172122144.jpg        IMGP2773.jpg        IMGP2777.jpg

シャモニーモンブランの町は落ち着いた綺麗な町だ
建物の色が明るいせいか清潔感がある
ここでピッケルを買いたかったが
当然そんな探してる時間もなかった


  IMGP2778.jpg          IMGP2782.jpg        IMGP2783.jpg

町の中央広場にあるブロンズ像
登山者とガイドがみているピークがモンブラン
真後ろから見ると、ガイドの指さす先にピークがある


IMGP2787.jpg        IMGP2790.jpg          IMGP2793.jpg

IMGP2795.jpg          IMGP2798.jpg

IMGP2808.jpg        IMGP2810.jpg

シャモニーの町とモンブラン山群
建物の上に山が乗っている
永遠の白き山 モン・ブラン
氷河が造った針の山々
アルプスのシンボリックな山の姿を
心に留めバスに乗り込んだ

次は最後の訪問地グリンデルワルドだ
山はどんな顔をして向かえてくれるのか


つづく


YOUTUBE
20190620~27 シャモニー・モンブラン

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

「ダン・デュ・ジェアンがすばらしい」とありますがこの山はグランド・ジョラスの並びにありますので見えないはず。
アルジャンチエール針群の間違いでは?。ジョラスの写真がありません。一人だけの銅像はパカールのですね。
私の行った1975年には有りませんでした。パカールの名誉回復ですね。
好天に恵まれ針群を仰ぎみることができ至福の時であったことでしょう。
プロフィール

ふくすけまる

Author:ふくすけまる
カメラかついで、山へ、里へ。日本の自然の移ろいと原風景を求めて飛び回っております、おじさんカメラマンです。まあ、見てやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR